町村金五

日本の政治家
日本の旗 日本の政治家
町村金五
まちむら きんご
Kingo Machimura.JPG
警視総監在任中の町村金五
生年月日 1900年8月16日
出生地 北海道札幌市
没年月日 (1992-12-14) 1992年12月14日(満92歳没)
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 内務省官僚
官選第33代新潟県知事
官選第28代富山県知事
第53代警視総監
北海タイムス社代表取締役会長
所属政党 改進党→)
無所属→)
自由党→)
自由民主党→)
(無所属→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
配偶者 妻・町村二葉
親族 父・町村金弥
兄・町村敬貴
二男・町村信孝

内閣 第2次田中角榮第1次改造内閣
在任期間 1973年11月25日 - 1974年11月11日

選挙区 全国区
当選回数 2回
在任期間 1971年7月4日 - 1983年7月9日

選挙区 旧北海道1区
当選回数 4回
在任期間 1952年10月2日 - 1959年3月25日

北海道の旗 公選第4-6代 北海道知事
当選回数 3回
在任期間 1959年4月23日 - 1971年4月22日
テンプレートを表示

町村 金五(まちむら きんご、1900年(明治33年)8月16日 - 1992年(平成4年)12月14日)は、日本内務官僚政治家

貴族院議員・元参議院議員町村敬貴の実弟、元衆議院議員町村信孝の実父、衆議院議員和田義明の義理の祖父(夫人が信孝の娘)。

目次

来歴・人物編集

宮部金吾佐藤昌介等と共に、クラーク博士の創設した札幌農学校で学び日本における“酪農の草分け”と言われた町村金弥の五男である。

内務官僚時代は、官選の新潟県富山県両県の知事を経て、内務省警保局長や警視総監などを歴任したが、戦後に公職追放された。

追放解除後、衆議院議員総選挙に立候補して国会議員となる。その後、北海道知事に当選し3期務める。任期満了後は参議院議員に転じ、自治大臣等も務めた。衆議院総選挙に4回、参院選挙に2回当選した。

1992年12月14日死去。享年92。

年譜編集

8月16日 - 北海道札幌市町村金弥・そとの五男として生まれた。
3月 - 東京帝国大学法学部政治学科卒業。
5月 - 内務省入省。任青森県属 知事官房主事兼内務部庶務課勤務。
10月 - 兼任青森県警部 警察部警務課長。
10月 - 任地方警視 静岡県警察部保安課長。
8月 - 任地方事務官 静岡県内務部商工課長兼水産課長。
4月 - 任地方警視 静岡県警察部警務課長。 
7月 - 任宮内事務官兼帝室林野局事務官 大臣官房秘書課勤務帝室林野局東京支局監理課長兼整理課長。
5月 - 任宮内書記官 大臣官房総務課兼秘書課勤務。
7月 - 任宮内大臣秘書官兼宮内書記官。
4月 - 任岐阜県書記官 補警察部長。
2月 - 任三重県書記官 補警察部長。
1月 - 任内務省書記官 警保局警務課長。
4月 - 兼任内務大臣秘書官兼人事課長。 
1月 - 任富山県知事(~1943年)
4月 - 任内務省警保局長 補警察講習所長。 
11月 - 兼任防空総本部警防局長。
2月 - 任新潟県知事(~1945年4月9日)兼任海運局長。 
4月 - 任警視総監。 
8月 - 任東京都次長(宮城事件の責任を問われて警視総監を辞任したことによる)
1月 - 依願免本官。
10月 - 改進党公認で旧北海道1区から第25回衆議院議員総選挙に立候補し当選。
- 日本民主党の結成に参加せず無所属となる。その後自由党に入党。
- 保守合同による自由民主党の結成に参加 自由党出身の緒方竹虎と行動をともにする。
旧緒方派の流れをくむ石井派に所属。
4月 - 北海道知事選において、新人対決で(52年衆院初当選の同期生で衆院候補としてもライバルだった)日本社会党の新人横路節雄日本教職員組合副委員長を破る( - 1971年4月)。同年、北海道師友会会長に就任。
6月 - 第9回参議院議員通常選挙に立候補し当選。
5月 - 北海タイムス社代表取締役会長。
11月 - 第2次田中角榮内閣で自治大臣、北海道開発庁長官。
7月 - 自民党参議院議員会長。 
11月 - 勲一等旭日大綬章受章。
12月14日 - 死去、叙・正三位

選挙歴編集

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第25回衆議院議員総選挙 1952年10月1日 北海道第1区 改進党 42,815 12.9 3/11 - -
第26回衆議院議員総選挙 1953年4月19日 北海道第1区 改進党 37,573 11.0 5/10 - -
第27回衆議院議員総選挙 1955年2月27日 北海道第1区 無所属 50,963 12.9 5/10 - -
第28回衆議院議員総選挙 1958年5月22日 北海道第1区 自由民主党 82,480 22.0 2/7 - -
1959年北海道知事選挙 1959年4月23日 北海道 自由民主党 1,092,456 52.8 1/3 - -
1963年北海道知事選挙 1963年4月17日 北海道 自由民主党 1,393,352 63.5 1/4 - -
1967年北海道知事選挙 1967年4月15日 北海道 自由民主党 1,424,532 61.0 1/3 - -
第9回参議院議員通常選挙 1971年6月27日 全国区 自由民主党 952,130 ' 4/106 - -
第11回参議院議員通常選挙 1977年7月10日 全国区 自由民主党 1,028,981 ' 8/102 - -
当選回数9回 (衆議院議員4・北海道知事3・参議院議員2)

家族・親族・系譜編集

参考文献編集

  • 『町村金五伝』 北海タイムス社 1982年

関連項目編集


議会
先代:
鍋島直紹
  参議院予算委員長
1978年 - 1979年
次代:
山内一郎
先代:
三田村武夫
  衆議院法務委員長
1957年 - 1958年
次代:
小島徹三
公職
先代:
江崎真澄
  自治大臣
第20代:1973年 - 1974年
次代:
福田一
先代:
江崎真澄
  国家公安委員会委員長
第30代:1973年 - 1974年
次代:
福田一
先代:
江崎真澄
  北海道開発庁長官
第35代:1973年 - 1974年
次代:
福田一
先代:
田中敏文
  北海道知事
公選第4・5・6代:1959年 - 1971年
次代:
堂垣内尚弘
党職
先代:
徳永正利
自由民主党参議院議員会長
第11代:1980年 - 1982年
次代:
木村睦男
名誉職
先代:
市川房枝
最年長参議院議員
1981年 - 1983年
次代:
新谷寅三郎