浜野 卓也(はまの たくや、1926年1月5日 - 2003年8月10日)は、日本の児童文学作家評論家。専攻は近代文学。山口女子大学(現・山口県立大学)教授も務めた。

来歴・人物編集

静岡県御殿場市出身。早稲田大学第一文学部国文科卒業。立教大学大学院修了。

『堀のある村』、『やまんばおゆき』(産経児童出版文化賞受賞)、『とねと鬼丸』(小学館文学賞受賞)、『さよなら友だち』(日本児童文芸家協会賞特別賞受賞)、『五年二組』シリーズなどの創作をはじめ、『足利尊氏』、『北条時宗』、『毛利元就』などの伝記・評伝、『新美南吉の世界』などの評論の著書多数。

ロックミュージシャンの浜野純は子息[1]

著書編集

脚注編集

  1. ^ 山崎春美選『ある放蕩息子の帰還 55歳にして初の単行本を上梓した問題児が問う「オレの選んだ100冊だ!文句あんのか。あ痛たたた。暴力反対!」』”. 山崎春美. 紀伊國屋書店 (2013年10月22日). 2019年8月31日閲覧。