メインメニューを開く

浮田 秀涼(うきた ひですけ、天明2年(1782年) - 天保3年12月1日1833年1月21日))は、江戸時代後期の人物。八丈島に配流となった宇喜多一族。通称は、丈大夫、半平。父は浮田継繁。子に秀典、タヨ(喜田儀三郎の妻)、ミヲ(浮田継三の妻)。弟に順吉

生涯編集

浮田半平家の後見、浮田茂吉継繁の子として生まれる。

寛政5年(1793年)、父・継繁は、祖父である浮田次郎吉家の当主浮田継成よりも先んじて死去。

寛政6年(1794年)、弟順吉と共に、父が後見となった浮田半平家の当主浮田秀音の養子となる。

文政1年(1804年)、養父・秀音の死去により家督を継ぐ。

天保3年12月1日1833年1月21日)に死去(戒名、法含涼詣信士)。

参考文献編集