海外映画 (企業)

企業

海外映画株式会社(かいがいえいが-、Kaigai Eiga Co., Ltd., 1951年昭和26年) 設立 - 1959年(昭和34年)頃 活動停止)は、かつて存在した日本映画会社である。前身のブレイクストン・カンパニー日本支社についても記述する。

海外映画株式会社
Kaigai Eiga Co., Ltd.
種類 消滅した株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
東京都中央区銀座西4-3
塚本素山ビル
設立 1951年昭和26年)12月 支社設置
1957年(昭和32年)8月 株式会社化
業種 サービス業
事業内容 映画の輸入・配給
代表者 アイリーン・ブレイクストン代表取締役社長
資本金 100万円
特記事項:略歴
1951年昭和26年) ブレイクストン・カンパニー日本支社設置。
1957年(昭和32年)8月 株式会社化、海外映画株式会社
1959年(昭和34年)頃 活動停止。
テンプレートを表示

略歴・概要編集

1951年昭和26年)12月、第二次世界大戦後のアメリカ映画の日本配給を独占していたセントラル映画社が解散し、同月27日に各社の日本支社が10年ぶりに復活するなか[1]、同年1月26日に公開された初の日米合作映画『東京ファイル212[2]を製作したジョージ・ブレイクストン英語版が設置した「ブレイクストン・カンパニー日本支社」を設置した。輸入業務を中心に、配給は東宝洋画部パラマウント映画ワーナー・ブラザース新外映映配と共同で行った[3]

1957年(昭和32年)8月、日本法人に改組、「海外映画株式会社」となる。資本金100万円、代表取締役はブレイクストン夫人であるアイリーン・ブレイクストン[4]が務めた[5]。本社は、東京都中央区銀座西4-3(現在の同区銀座4-2-15)、日本基督教団銀座教会並びの塚本素山ビルに置いた。

会社データ編集

おもなフィルモグラフィ編集

キネマ旬報映画データベースに見られる配給作品の一覧であり、日本での配給作品のみである[3]。日本公開順。

ブレイクストン編集

海外映画編集

編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本映画発達史 IV 史上最高の映画時代』、田中純一郎中公文庫、1976年3月10日 ISBN 4122003156, p.100-101.
  2. ^ 東京ファイル212キネマ旬報映画データベース、2010年7月4日閲覧。
  3. ^ a b キネマ旬報映画データベース、2010年7月4日閲覧。
  4. ^ Irene Breakston - IMDb(英語), 2010年7月4日閲覧。
  5. ^ 『キネマ旬報 第236-239号』、黒甕社1959年、p.121.