メインメニューを開く

海岸ビル

海岸ビル(かいがんびる)は、兵庫県神戸市中央区海岸通にある近代建築、神戸市景観形成重要建築。

海岸ビル
南から撮影
情報
旧名称 三井物産神戸支店
設計者 河合浩蔵
施工 竹中工務店
構造形式 鉄筋コンクリート造
階数 地上4階、地下1階
竣工 1918年
所在地 兵庫県神戸市中央区海岸通
座標 北緯34度41分11.6秒
東経135度11分26.3秒
テンプレートを表示
南東から撮影(手前は商船三井ビル)

商船三井ビルディングの隣に位置する。

目次

概要編集

海岸ビルヂング旧小寺家厩舎奥平野浄水場旧急速濾過場上屋などを手がけた河合浩蔵の設計で、旧三井物産神戸支店として1918年に竣工した。

外観は、設計者言うところの「現代式」なる、古典様式建築の細部を幾何学的な直線基調に簡略化した意匠が特徴である。3階・4階の間にある軒蛇腹や、軒上のパラペットには唐破風が取り込まれている。阪神・淡路大震災による改築が行われる前の内部は、第二次世界大戦末期の神戸大空襲で4階部分が焼かれた以外は、竣工当時の面影を良く残しており、特に1階南側のホールには、6本の御影石の柱が並び、圧巻であった。

阪神淡路大震災で全壊認定を受けたために幾何学的装飾が施された外壁を撤去・保管。その後、同じ場所に新しく再建された高層ビルの低層部に旧外壁を再構築した。この4階建の旧外壁は国の登録有形文化財に登録されている(なお、空襲の被害があった4階の外壁材は新調された)。なお、再建された旧建物外壁の1階南正面、東側の玄関には、竣工当時から受け継がれてきた木製ドアが取り付けられている。また1階エレベーターホールには、かつて南正面玄関ホールを飾った6本の御影石柱が据えられ、南正面玄関の内扉2枚も店舗の出入口に再利用されている。

夜間は日没から22時までライトアップされる。

建築概要編集

  • 設計 - 河合浩蔵
  • 竣工 - 1918年(大正7年)
  • 改修設計 - 昭和飛行機工業、竹中工務店
  • 改修竣工 - 1998年(平成10年)
  • 施工 - 竹中工務店
  • 構造 - 鉄筋コンクリート造り、地上4階、地下1階、(改修後は地上15階)
  • 所在地 - 〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通
  • 近代化産業遺産(「旧居留地銀行ビル群、海岸通商業ビル群」の一部)

交通アクセス編集

周辺情報編集

外部リンク編集