メインメニューを開く

海老名 (小惑星)

小惑星帯に位置する小惑星

海老名(えびな、36472 Ebina)は、メインベルトに位置する小惑星のひとつ。仮符号は2000 QQ26

海老名
36472 Ebina
仮符号・別名 2000 QQ26
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
軌道要素と性質
元期:2012年3月14日 JD 2456000.5
軌道長半径 (a) 2.2807704 AU
近日点距離 (q) 1.8968219 AU
遠日点距離 (Q) 2.6652914 AU
離心率 (e) 0.1683416
公転周期 (P) 3.44
軌道傾斜角 (i) 4.61046 度
近日点引数 (ω) 265.38883 度
昇交点黄経 (Ω) 75.78660 度
平均近点角 (M) 131.19375 度
物理的性質
直径 約5 km
絶対等級 (H) 15.2
発見
発見日 2000年8月27日
発見者 BATTeRS
Template (ノート 解説) ■Project

目次

解説編集

2000年8月27日岡山県美星スペースガードセンターが行っている小惑星探索プロジェクト「BATTeRS」により発見された。

名称は神奈川県海老名市に由来する。美星スペースガードセンターを運営する日本スペースガード協会理事長(名称申請時点)の高橋典嗣が同市在住であり[1]、同協会が主催した「スペースガード探偵団」[1][2]や、毎年夏に小中学生を対象として開催される「星の学校」[1]など天文学に関する活動が積極的に行われている[3]ことなどから、同協会が2011年9月に国際天文学連合小惑星命名委員会にこの名称を申請し[1]、同年12月10日付で正式に承認された[2][3]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集


前の小惑星:
(36471) 2000 QK26
小惑星
海老名 (小惑星)
次の小惑星:
(36473) 2000 QB27