海風のブレイブ」(うみかぜのブレイブ)は、fumikaの楽曲。志倉千代丸が作詞・作曲を手掛けた。fumikaの5枚目のシングルとして2012年11月7日アリオラジャパンから発売された。

海風のブレイブ
fumikaシングル
初出アルバム『POP SISTER
B面 時を越えて
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル アリオラジャパン
プロデュース 志倉千代丸
チャート最高順位
fumika シングル 年表
その声消えないよ feat. Sunya
(2012年)
海風のブレイブ
(2012年)
Feel It
2013年
ミュージックビデオ
fumika 『海風のブレイブ MUSIC VIDEO (short ver.)』 - YouTube
POP SISTER 収録曲
   (前略)
8. アオイトリ
9. 時を越えて
10. Round and Round
11. 海風のブレイブ
12. 春なのに
   (後略)
テンプレートを表示

解説編集

2012年第3弾シングルであるが、前々作「隣にいたかった feat. WISE」・前作「その声消えないよ feat. Sunya」を含む「涙ソング」3部作には含まれない[2]

タイトル曲は、タイアップ作品となるテレビアニメROBOTICS;NOTES』のゲーム版原案を担当した志倉千代丸のプロデュース楽曲[3]。fumikaの楽曲としては、デビュー曲「アオイトリ」以来となるアニメソングである。

2012年12月末までの期間限定生産盤と通常盤の2種類で販売。期間限定生産盤は『ROBOTICS;NOTES』キャラクター書き下ろしジャケット+特典付きスペシャルパッケージ仕様となっている。

収録曲編集

  1. 海風のブレイブ (4:00)
  2. 時を越えて (5:55)
  3. 海風のブレイブ (TVアニメエンディングサイズ) (1:35)
    • 『ROBOTICS;NOTES』エンディングテーマとして実際に流されているショートバージョン。
  4. 海風のブレイブ (off vocal) (3:58)

収録アルバム編集

曲名 アルバム 発売日 備考
海風のブレイブ POP SISTER 2013年2月6日
時を越えて

脚注編集

注釈編集

  1. ^ シングル「アオイトリ」に収録された「奏(かなで)」(スキマスイッチカバー曲)を除く。

出典編集

  1. ^ 海風のブレイブ”. ORICON STYLE. オリコン. 2013年12月21日閲覧。
  2. ^ fumika 『その声消えないよ feat. Sunya』 インタビュー”. Billboard JAPAN. 2012年11月8日閲覧。3ページ目に本作が「涙ソング」3部作とは別の作品であるというインタビュアーの発言がある。
  3. ^ “fumika、志倉千代丸プロデュース曲で秋ノイタミナED担当”. ナタリー. (2012年9月1日). http://natalie.mu/music/news/75749 2012年11月8日閲覧。 

外部リンク編集