メインメニューを開く
新中川西岸から見る涼風橋

涼風橋(すずかぜばし)は、新中川に架かるのひとつで、東岸の東京都江戸川区春江町三丁目と西岸の一之江三丁目を結び、東京都市計画道路補助第288号線を通す。

歴史編集

江戸川区内を東西に通る東京都市計画道路補助第288号線の橋梁で、江戸川区新中川橋梁整備計画の第六弾として2006年平成18年)に道路の築造とともに新たに架橋された。

橋名の「涼風橋」は、公募により区民からの応募総数833通・489種類の中から、新中川を通り抜けるさわやかな風をイメージし、名付けられた。

諸元編集

  • 形式 – 3径間連続波型鋼板ウェブPC橋
  • 橋長 – 121.3 m
  • 最大支間長 – 51.6 m
  • 幅員 – 16.0 m(車道:9.0 m 歩道:3.5 m×2)
  • 着工 – 2003年(平成15年)
  • 竣工 – 2006年(平成18年)
  • 工事主体 – 江戸川区
  • 橋梁設計 –
  • 鋼桁製作・架設 – 株式会社三菱ピーエス

整備概要編集

「風とのふれあい」をテーマに新しい街にかかる橋として、機能美を追求し人に優しい空間となるよう、橋詰空間を積極的に活用し、ふれあいの場として整備されている。

デザイン編集

街並み・橋梁/新中川をさわやかに吹き抜ける風をモチーフに、スレンダーな形状で軽快さを演出されている。

橋の開通後編集

都市計画道路補助第288号線と涼風橋の開通により、東西の交通が円滑化された。東岸の春江町瑞江駅、西岸の一之江環七通りとのアクセスが向上した。

周辺編集

  • 一之江緑地
  • 江戸川区立共育プラザ一之江
  • 環七通り
  • 明和橋通り

隣の橋編集

(上流) - 南椿橋 - 春江橋 - 涼風橋 - 明和橋 - 瑞江大橋 - (下流)

外部リンク編集