メインメニューを開く

深堀鍋島家(ふかほりなべしまけ)は、江戸時代の武家。肥前国佐賀藩の家老、および肥前国深堀領主を世襲した。本姓は平氏、元来の名字は深堀氏鎌倉時代から続く肥前国の国衆深堀氏の名跡を継ぐ家であるが、血脈上は佐賀藩主鍋島氏の外戚家門石井氏藤原氏)の一族である。家紋鍔に小槌丸に三つ鱗

由緒編集

戦国時代の肥前国俵石城主深堀純賢三浦氏の子孫)の養子となった鍋島茂賢鍋島直茂の養子鍋島茂里の弟)を初代とする。

深堀氏はもともと、独立した大名であったが、豊臣秀吉の命により、肥前国の戦国大名龍造寺家の与力大名となり、さらには秀吉の勘気に触れ、改易の危機に瀕し、旧知の鍋島直茂の取り成しによって改易・家名断絶を免れたことがきっかけで、鍋島家の家臣になった。

その際、鍋島家の縁戚である石井家から、純賢の継室に大宝院(石井忠俊の娘)を迎え、連れ子の石井孫六(後の鍋島茂賢)を養子とした。これが、深堀鍋島家の起こりである。従って、平姓の三浦氏である深堀氏の名跡を継いでいるが姓は鍋島、血脈上は石井氏である。

藩政時代は、肥前国深堀領6000石を領し、知行地が長崎の至近であったため、佐賀藩の長崎警護の現場指揮を管掌した。明治維新の廃藩まで存続した。地元では「深堀の殿様」と称されている。

菩提寺編集