淳于 量(じゅんう りょう、511年 - 582年)は、南朝梁からにかけての軍人は思明。本貫済北郡

経歴編集

南朝梁の光烈将軍・梁州刺史の淳于文成の子として生まれた。はじめ湘東王蕭繹に仕えて、湘東王常侍を初任とし、西中郎府中兵参軍を兼ねた。湘東王府の府佐や常を歴任し、中兵や直兵を兼任すること十数年、江陵で軍備を養った。

荊州雍州の境では、少数民族がたびたび南朝梁の支配に反抗し、山帥の文道期が勢威を張っていた。中兵の王僧弁が文道期を討ったが、連戦して敗勢に陥ったため、淳于量が派遣されて王僧弁を助けた。淳于量が到着すると、王僧弁と協力して文道期を撃破した。功績により広晋県男に封じられ、涪陵郡太守に任じられた。新興郡太守・武寧郡太守を歴任した。

侯景の乱が起こると、湘東王蕭繹は建康に対する援軍として五軍を派遣したが、淳于量はそのうち一軍を預った。建康が陥落すると、淳于量は江陵に帰還した。蕭繹により仮節・通直散騎常侍・都督巴州諸軍事・信威将軍・巴州刺史に任じられた。侯景の軍が巴州を攻撃してくると、蕭繹は都督の王僧弁に命じて巴陵に入らせた。淳于量は王僧弁とともに侯景の侵入をはばみ、侯景軍を破って、その部将の任約を捕らえた。ついで郢州に進攻して、侯景の部将の宋子仙を捕らえた。そのまま王僧弁に従って侯景の乱を平定した。552年承聖元年)、功績により左衛将軍の位を受け、謝沐県侯に封じられた。まもなく持節・都督桂定東西寧四州諸軍事・信威将軍・安遠護軍・桂州刺史として出向した。

554年(承聖3年)、江陵が西魏の侵攻で陥落すると、淳于量はそのまま桂州に拠って守った。王琳湘州・郢州に割拠すると、淳于量は王琳と連絡しつつ、また別に陳霸先に使者を派遣して帰属した。557年永定元年)、南朝陳が建国されると、持節・散騎常侍・平西大将軍の位を受けた。まもなく鎮南将軍の位に進んだ。559年(永定3年)2月、都督・鎮西大将軍・開府儀同三司の位を受けた。6月、文帝が即位すると、征南大将軍の位に進んだ。

王琳の乱の平定後、たびたび入朝を求められ、564年天嘉5年)3月には中撫大将軍として召された。淳于量の部将たちは、南朝陳の都から離れた桂州の山谷の地に安住しており、入朝を望んでいなかった。文帝は湘州刺史の華皎衡州の境の黄洞を討たせて、淳于量を迎えようとした。566年天康元年)、淳于量は建康に入った。道にたむろしていたことが役人に奏上され、開府儀同三司の位を剥奪された。567年光大元年)、華皎の乱が起こると、淳于量は使持節・征南大将軍・西討大都督に任じられ、水軍を率いて華皎を討った。華皎の乱が平定されると、北周の長胡公元定らを降した。功績により侍中・中軍大将軍・開府儀同三司の位を受け、醴陵県公に封じられた。使持節・都督南徐州諸軍事・鎮北将軍・南徐州刺史として出向した。

569年太建元年)、征北大将軍の位に進んだ。571年(太建3年)、江陰王蕭季卿が南朝梁の陵墓の樹を買った事件により免官されると、淳于量も連座して侍中の位を剥奪された。まもなく再び侍中の位を加えられた。573年(太建5年)、中護大将軍として召還された。

呉明徹が北伐の軍を起こすと、淳于量は六男の淳于岑を派遣して従軍させた。淮南が平定されると、淳于量は始安郡公に改封された。574年(太建6年)、使持節・都督郢巴南司定四州諸軍事・征西大将軍・郢州刺史として出向した。575年(太建7年)、召還されて中軍大将軍・護軍将軍の位を受けた。577年(太建9年)、公務の失敗のため侍中の位を剥奪された。まもなく再び侍中の位を加えられた。578年(太建10年)、呉明徹が呂梁の戦いで敗戦すると、淳于量は使持節・都督水陸諸軍事を加えられ、散騎常侍・都督南北兗譙三州諸軍事・車騎将軍・南兗州刺史に任じられた。581年(太建13年)、左光禄大夫の位を加えられた。582年(太建14年)4月、死去した。享年は72。司空の位を追贈された。

伝記資料編集