メインメニューを開く

淺川 道夫(あさかわ みちお、1960年 - )は日本の歴史学者東京都出身[1]。専門は日本近代史。拓殖大学商学部、気象大学校講師。日本大学国際関係学部教授軍事史学会理事。

目次

略歴編集

1990年日本大学大学院研究科博士後期課程満期退学(日本政治史専攻)。2005年に阿南・高橋賞を受賞。2008年博士号を取得。同年、軍事史学会理事に就任。2010年日本大学国際関係学部助教

幕末明治維新期の政治・軍事史などの研究を行っているほか、品川台場の研究も行っている[2]

著書編集

単著編集

  • 『お台場 品川台場の設計・構造・機能』錦正社、2009年
  • 『江戸湾海防史』錦正社、2010年
  • 明治維新と陸軍創設』錦正社、2013

共著編集

  • 山本達也草薙大輔共著『日本の陶器製兵器 1 (陶器製手榴弾) 』第2版、全日本軍装研究会、2011

脚注編集