メインメニューを開く

添谷 芳秀(そえや よしひで、1955年5月1日[1] - )は、日本政治学者慶應義塾大学法学部教授。専門は国際政治学外交政策

添谷 芳秀
(そえや よしひで)
生誕 (1955-05-01) 1955年5月1日(64歳)
研究分野 国際政治学
研究機関 慶應義塾大学
出身校 上智大学学士修士
ミシガン大学Ph.D
主な業績 ミドルパワー
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1979年上智大学外国語学部英語学科卒業。 1981年同大学院国際関係論専攻博士前期課程修了。 1983年ミシガン大学大学院博士課程単位取得退学、1987年ミシガン大学より博士号を取得(Ph.D)。

1988年慶應義塾大学法学部専任講師、1991年助教授、1995年教授[2]

2008年、日韓新時代共同研究プロジェクト委員、現在及びこれからの日韓関係分科会委員長。

著書編集

単著編集

  • 『日本外交と中国――1945~1972』(慶應通信, 1995年)
  • Japan's Economic Diplomacy with China, 1945-1978, (Clarendon Press, 1998).
  • 『日本の「ミドルパワー」外交――戦後日本の選択と構想』(筑摩書房ちくま新書〉, 2005年)
    • 改訂版 『日本の外交 ─「戦後」を読みとく』(筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉, 2017年)
  • 『韓国知識人との対話Ⅱ 米中の狭間を生きる』(慶應義塾大学出版会, 2015年)
  • 『安全保障を問いなおす 「九条-安保体制」を越えて』(NHK出版NHKブックス〉, 2016年)

共著編集

  • 薬師寺泰蔵吉野直行田中俊郎田村次朗)『成熟時代の日米論争』(慶應義塾大学出版会, 1996年)
  • UN Peace-Keeping Operations: A Guide to Japanese Policies, with L. William Heinrich Jr., and Akiho Shib, (United Nations University Press, 1999)
  • Japan as a 'Normal Country' ?: A Country in Search of its Place in the World ,with Masayuki Tadokoro & David Welch, (Toronto: University of Toronto Press, 2011)

編著編集

  • 『21世紀国際政治の展望』(慶應義塾大学出版会, 1999年)

共編著編集

  • 赤木完爾)『冷戦後の国際政治――実証・政策・理論』(慶應義塾大学出版会, 1998年)
  • 山本信人)『世紀末からの東南アジア――錯綜する政治・経済秩序のゆくえ』(慶應義塾大学出版会, 2000年)
  • 石井明朱建栄林暁光)『日中国交正常化・日中平和友好条約締結交渉――記録と考証』(岩波書店, 2003年)
  • 田所昌幸)『現代東アジアと日本(1)日本の東アジア構想』(慶應義塾大学出版会, 2004年)
  • 渋沢雅英山本正)『日本の世界貢献とシヴィル・ソサエティ』(慶應義塾大学出版会, 2008年)

訳書編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.324
  2. ^ 添谷 芳秀 - 慶應義塾大学 研究者情報総覧