薬師寺 泰蔵(やくしじ たいぞう、1944年(昭和19年)8月5日 - )は、日本の政治学者。慶應義塾大学名誉教授。専門は、政治学、国際政治理論、とくに科学技術と国際政治の関係。奈良県生まれ。

薬師寺 泰蔵
(やくしじ たいぞう)
Taizo Yakushiji cropped 2 Fumio Kishida and Taizo Yakushiji 20140626 1.jpg
生誕 (1944-08-05) 1944年8月5日(75歳)
日本の旗 奈良県
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
研究分野 政治学
研究機関 埼玉大学
慶應義塾大学
出身校 慶應義塾大学工学部卒業
東京大学教養学部卒業
マサチューセッツ工科大学
大学院政治学科博士課程修了
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

略歴編集

  • 1944年(昭和19年)8月 奈良県に生まれる。
  • 父の転勤に伴い、福岡県戸畑市(現・福岡県北九州市戸畑区)、東京都大田区などで育つ。
  • 大田区立大森第七中学校東京都立雪谷高等学校を卒業。
  • 1968年(昭和43年)3月 慶應義塾大学工学部電気工学科卒業
  • 1970年(昭和45年)3月 東京大学教養学部教養学科卒業
  • 1970年(昭和45年)-1972年(昭和47年) フルブライト奨学生としてミネソタ大学大学院に留学。
  • 1972年(昭和47年)-1975年(昭和50年) マサチューセッツ工科大学大学院政治学科博士課程
  • 1977年(昭和52年)4月 埼玉大学大学院政策科学研究科専任講師
  • 同年6月 マサチューセッツ工科大学政治学大学院博士課程修了(政治学博士)
  • 1979年(昭和54年)9月 埼玉大学大学院政策科学研究科助教授、同大学助教授
  • 1984年(昭和59年)9月 カリフォルニア大学バークレー校東アジア研究所・政治学部研究員
  • 1987年(昭和62年)5月 埼玉大学大学院政策科学研究科教授、同大学教授
  • 1991年(平成3年)4月 慶應義塾大学法学部教授
  • 同年7月 ドイツ国際問題研究所、IFRI(パリ)各客員研究員
  • 1994年(平成6年)-1996年(平成8年) 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授を兼務
  • 1997年(平成9年)-2001年(平成13年) 学校法人慶應義塾常任理事
  • 2000年(平成12年) 財団法人世界平和研究所研究主幹
  • 2003年(平成15年)1月 内閣府総合科学技術会議有識者議員(非常勤)
  • 同年4月 - 2009年(平成21年)1月 内閣府総合科学技術会議有識者議員(常勤)
  • 2010年(平成22年)3月 慶應義塾大学を定年退職
  • 同年 慶應義塾大学名誉教授
  • その他、経済企画庁経済研究所、国際大学グローバルコミュニケーション・センターなどで客員研究員、慶應義塾大学客員教授、政策研究大学院大学客員教授、公益財団法人世界平和研究所理事研究顧問(非常勤)などを務めた。

著書編集

 
2008年10月10日日本学術振興会理事小林誠(前列左から3人目)、京都産業大学理学部教授益川敏英(前列右から3人目)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)野田聖子(前列中央)、内閣府総合科学技術会議議員相澤益男(前列右端)、奥村直樹(前列左端)、郷通子(前列右から2人目)らと

単著編集

  • 『政治家vs官僚――サプライサイド政治学の提唱』(東洋経済新報社, 1987年)
  • 『テクノヘゲモニー――国は技術で興り、滅びる』(中央公論社[中公新書], 1989年)
  • 『公共政策』(東京大学出版会, 1989年)
  • 『テクノデタント—―技術で国が滅びるまえに』(PHP研究所, 1991年)
  • 『「無意識の意思」の国アメリカ――なぜ大国は甦るのか』(日本放送出版協会, 1996年)
  • 『国家の勢い――技術の「坂の上の雲」モデル』、NTT出版、2011

共著編集

編著編集

  • 『アジアの環境文化』(慶應義塾大学出版会, 1999年)
  • 『グローバル・セキュリティ入門』(慶應義塾大学出版会, 2005年)

共編著編集

訳書編集

  • ユージン・B・スコルニコフ『国際政治と科学技術』(NTT出版, 1995年)