メインメニューを開く

赤木 完爾(あかぎ かんじ、1953年4月7日[1] - )は、日本国際政治学者慶應義塾大学法学部教授。専門は国際政治史、安全保障論。

略歴編集

岡山県倉敷市出身[要出典]修道高校[要出典]、1977年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1980年同大学院法学研究科修士課程修了。1989年法学博士

防衛庁防衛研修所戦史部教官を経て、1990年慶大法学部講師、1992年助教授、1997年教授[2]

軍事史学会国際安全保障学会理事などを歴任。

著書編集

単著編集

  • 『ヴェトナム戦争の起原――アイゼンハワー政権と第一次インドシナ戦争』(慶應通信, 1991年)
  • 『第二次世界大戦の政治と戦略』(慶應義塾大学出版会, 1997年)

編書編集

  • 『朝鮮戦争――休戦50周年の検証・半島の内と外から』(慶應義塾大学出版会, 2003年)

共編著編集

  • 小此木政夫)『冷戦期の国際政治』(慶應通信, 1987年)
  • 添谷芳秀)『冷戦後の国際政治――実証・政策・理論』(慶應義塾大学出版会, 1998年)
  • 久保文明)『現代東アジアと日本(6) アメリカと東アジア』(慶應義塾大学出版会, 2004年)

訳書編集

  • ジョン・ルイス・ギャディス『歴史としての冷戦――力と平和の追求』(慶應義塾大学出版会, 2004年)
  • ジョン・ルイス・ギャディス『アメリカ外交の大戦略――先制・単独行動・覇権』(慶應義塾大学出版会, 2006年)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.294
  2. ^ 赤木 完爾 - 慶應義塾大学 研究者情報総覧