メインメニューを開く

清乃華 玉誉(きよのはな おうよ、1950年11月8日 - )は、大阪府大阪市東成区生まれで、両親の故郷である中華人民共和国福建省出身と称していた元大相撲力士。本名は張 禮華吉田 一至(よしだ かずし)。現役時代は花籠部屋所属で、身長176㎝・体重104㎏(1977年5月場所)。最高位は西十両5枚目(1977年9月場所)。清風高等学校中退。

来歴編集

清風高校在学中は器械体操選手だった(同校は器械体操の名門校として知られる)。同校を中退し1968年5月場所で初土俵を踏む。幕下時代の1973年4月に日中国交回復記念の大相撲中国公演に特別参加。1974年7月場所新十両(その際に出身地を改める)。1978年9月場所限りで廃業。

器械体操経験者らしい筋肉質の体格と長いもみあげが特徴だった。

廃業後は「ちゃんこ北の富士」で修業し、1979年9月にその恵比寿店を買い取り「ちゃんこ部屋」に改称して独立。1986年に日本国籍を取得し、夫人の姓を用いた上記の日本名に改名。

かつての自身と同じ中国人の蒼国来栄吉内モンゴル自治区出身)が十両に昇進した際には、雑誌「相撲」(ベースボール・マガジン社、2010年1月号)の企画として、「ちゃんこ部屋」を蒼国来が訪問するという形で対談が組まれた。

主な成績編集

  • 通算成績:281勝255敗2休(63場所)
  • 十両成績:84勝111敗(13場所)

外部リンク編集