清原 光頼(きよはら の みつより、生没年不詳)は、平安時代後期の武将出羽の豪族 清原光方の子。源氏源頼義安倍氏の戦いである前九年の役時は当初は中立の立場を保っていたが、劣勢にある頼義の度重なる要求を聞き入れ、参戦。弟・清原武則を遣わした。この清原氏の参戦により、形勢は逆転。源氏を勝利へと導き、清原氏を東北の覇者へと押し上げた。この清原氏の覇権は後三年の役永保3年(1083年) - 応徳4年、寛治元年(1087年))まで続くことになる。

 
清原 光頼
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 不詳
氏族 出羽清原氏
父母 父:清原光方
兄弟 光頼武則、他
頼遠
テンプレートを表示

略歴編集

前九年の役では当初は中立の立場を保っていた。光頼の系統は安倍氏と姻戚関係にあったとも考えられている[1]。その後、黄海の戦いで大敗するなど陸奥安倍氏に苦戦を強いられた源頼義は万策尽きて、光頼に臣下の礼の形を取ってまでも参戦を依頼する。

これを聞き入れた光頼は自らは出陣せず、弟武則を大将とした大軍を陸奥に派遣する。形勢は逆転し、安倍氏は滅亡した。この功により、武則は朝廷より従五位下鎮守府将軍に補任され、清原氏は安倍氏の旧領を併呑して、奥羽にまたがる大勢力を築くに至った。この時から、出羽秋田城(長官:秋田城介)と陸奥鎮守府(長官:鎮守府将軍)に分かれていた東夷成敗権が鎮守府に一本化されたものと考えられている。

鎮守府将軍としての任務遂行のために陸奥に移った武則とは別に、光頼はそのまま出羽に留まったものと思われる。本拠地は平鹿郡大鳥井山[2](現在の秋田県横手市)であったといわれる。光頼の子には大鳥山太郎頼遠がいたが、この後は武則の子が清原氏の本流になるなど、光頼、頼遠親子と武則、武貞真衡との間の力関係や主従関係については解明されていない点が多い。後に頼遠は後三年の役の折に源義家により滅ぼされた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 清原氏の構造”. 岩手日報. 2016年4月6日閲覧。
  2. ^ 文化財の国指定について 史跡大鳥井山遺跡の指定 (PDF)”. 秋田県教育庁. 2012年3月23日閲覧。

参考文献編集

  • 高橋崇『蝦夷―古代東北人の歴史』中央公論新社<中公新書>、1986年、ISBN 4121008049
  • 高橋崇『蝦夷の末裔―前九年・後三年の役の実像』中央公論新社<中公新書>、1991年、ISBN 4121010418
  • 野口実「11~12世紀、奥羽の政治権力をめぐる諸問題」古代學協會編『後期摂関時代史の研究』吉川弘文館、1990年、ISBN 4-642-02242-2
  • 野中哲照「出羽山北清原氏の系譜――吉彦氏の系譜も含めて――」「鹿児島国際大学国際文化学部論集」15巻1号、2014年6月
  • 野中哲照『後三年記詳注』汲古書院、2015年、ISBN 978-4-7629-3616-6

関連項目編集