メインメニューを開く

野口 実(のぐち みのる、1951年2月23日[1]- )は、日本の歴史学者。日本中世政治史・社会史専攻。京都女子大学宗教・文化研究所教授。

目次

略歴編集

千葉市出身。1973年青山学院大学文学部史学科卒、81年同大学院文学研究科史学専攻博士課程修了、「坂東八カ国における武士団の成立と発展」で青学文学博士。1979年千葉県公立高等学校教諭、1986年京都文化財団歴史研究室主任研究員、1988年京都府京都文化博物館学芸第二課主任学芸員、1989年鹿児島経済大学社会学部助教授、93年教授、1994年聖徳大学人文学部日本文化学科教授、2000年京都女子大学宗教・文化研究所教授[2]

著作編集

  • 『坂東武士団の成立と発展』弘生書林、1982年 戎光祥出版 2013
  • 『鎌倉の豪族I』かまくら春秋社、1983年 改題『坂東武士団と鎌倉』戎光祥出版 2013
  • 『武家の棟梁の条件 中世武士を見なおす』中公新書、1994年
  • 『中世東国武士団の研究』高科書店、1994年
  • 『武家の棟梁源氏はなぜ滅んだのか』新人物往来社、1998年
  • 『伝説の将軍 藤原秀郷吉川弘文館 2001年
  • 『源氏と坂東武士』吉川弘文館、2007年
  • 『武門源氏の血脈 為義から義経まで』中央公論新社 2012
  • 源義家』日本史リブレット 吉川弘文館、2012  
  • 『東国武士と京都』同成社、2015
  • 『列島を翔ける平安武士―九州・京都・東国』歴史文化ライブラリー、吉川弘文館、2017

編著編集

  • 千葉氏の研究』名著出版、2000年
  • 吾妻鏡必携』関幸彦共編 吉川弘文館、2008年
  • 『中世の人物●京・鎌倉の時代編 第2巻 治承~文治の内乱と鎌倉幕府の成立』編 清文堂出版 2014

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 宗教・文化研究所 野口 実 京都女子大学

外部リンク編集