清原宣賢

室町時代・戦国時代の公卿、学者。吉田兼倶の三男。非参議正三位・少納言、贈正二位。『論語聽塵』など。出家
 
清原宣賢
時代 戦国時代
生誕 文明7年(1475年
死没 天文19年7月12日1550年8月24日
改名 宣賢→環翠軒宗武(号)
別名 船橋大外記宣賢
墓所 福井県福井市徳尾の禅林寺
官位 正三位侍従
主君 後柏原天皇
氏族 卜部氏嫡流・吉田家広澄流清原氏
父母 父:吉田兼倶、養父:清原宗賢
兄弟 吉田兼致卜部兼永宣賢
中御門宣秀
業賢吉田兼右、等貴、周清、
智慶院など
テンプレートを表示

清原 宣賢(きよはら の のぶかた)は、戦国時代公卿・学者。従二位吉田兼倶の三男。明経博士清原宗賢の養子。官位正三位侍従

経歴編集

文明7年(1475年吉田神社祠官神道家・吉田兼倶の三男として誕生。明経博士だった清原宗賢の養子として入る。

主水正大炊頭六位蔵人を経て、明応9年(1500年従五位下に叙爵。明応10年(1501年)世職である少納言に任ぜられるとともに、直講を兼ねて宮中に仕えて講義を行い、明経道を整理して和漢にわたる著作をおこなう。大永元年(1521年従三位に叙せられて公卿に列すとともに、20年に亘って務めた少納言から退いた。大永2年(1522年侍従に任ぜられ、大永6年(1526年正三位に至る。享禄2年(1529年)に宮仕えから身を引き、大徳寺出家・剃髪して環翠軒宗武と号し、学者としての活動に専念した。

天文19年(1550年)7月12日に越前国一乗谷にて薨去。享年76。

国学者・儒学者で歴史上屈指の碩学とされ多くの著作があるが、そのなかでも各種の抄物(『職原私抄』『日本書紀神代巻抄』『伊勢物語惟清抄』等)は現在も多く伝わり、日本国学研究の基礎資料となっている。なお、清原家は四代後の秀賢から舟橋家を称したため、宣賢を船橋大外記宣賢と記した史料もある。

官歴編集

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜編集

続群書類従』「清原系図」による。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク 編集