メインメニューを開く
 
清原惟岳
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不明
死没 不明
改名 惟岳王→清原惟岳
官位 従五位上豊前守
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇
氏族 清原真人
父母 父:清原長田
兄弟 基雄、惟岳、常名
テンプレートを表示

清原 惟岳(きよはら の これおか)は、平安時代初期から前期にかけての皇族貴族。もと惟岳王を名乗るが、清原真人姓を与えられて臣籍降下加賀守清原長田の子。官位従五位上豊前守

経歴編集

正六位上内舎人に叙任された後、承和13年(846年)兄弟の基雄王・常名王らと共に清原真人を与えられて臣籍降下する。

清和朝に入り、民部大丞を経て、貞観2年(860年従五位下叙爵し、翌貞観3年(861年勘解由次官に任ぜられる。その後、貞観4年(862年加賀介、貞観12年(870年遠江守と地方官を歴任する。貞観18年(876年)の清和天皇の譲位にあたっては、固関のために美濃国へ派遣されている[1]

陽成朝の元慶元年(877年)従五位上に任ぜられると、元慶2年(878年)豊前守と引き続き地方官を務めた。

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 『日本三代実録』貞観18年11月28日条

参考文献編集