メインメニューを開く

清原 有雄(きよはら の ありお)は、平安時代初期の貴族知太政官事舎人親王の玄孫[3]大監物・貞代王の子。官位従四位上肥後守

 
清原有雄
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 天安元年12月25日858年1月13日
改名 有雄王→清原有雄
官位 従四位上肥後守
主君 淳和天皇仁明天皇文徳天皇
氏族 清原氏
父母 父:貞代王
通雄[1][2]
テンプレートを表示

目次

経歴編集

淳和朝天長5年(828年式部卿葛原親王の推挙によって正親佑に任ぜられる。天長7年(830年従五位下・正親正に叙任される。

仁明朝承和6年(839年)従五位上に叙され、翌承和7年(840年越前守に任ぜられて地方官に転じる。承和9年(842年玄蕃頭次いで中務大輔に遷り一時京官に復す。翌承和10年(843年摂津守に任ぜられ、摂津国校田使次官も兼ねるなど再び地方官に転じるが、有雄の統治に多くの人民は喜んで服し、国内は安静となり穀物を貯蔵する倉庫は満ち溢れるなど、有雄は地方官として名声を得たという[4]。その後も、出雲守・肥後守を歴任する一方、承和14年(847年正五位下嘉祥2年(849年)には治国の功績で従四位下に叙されるなど、仁明朝末にかけて国司を務めながら順調に昇進を果たした。

嘉祥3年(850年清原真人姓を賜与され臣籍降下し、仁寿4年(854年)には従四位上に昇叙されている。

天安元年12月25日(858年1月13日)に卒去。最終官位は散位従四位上[4]。有雄の死に対して、人々の哀慕は極まりなかったという[4]

人物編集

人柄に風格があり、政治の理論にも習熟していた[4]

官歴編集

※以下、『六国史』の記載に従う。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b 名は道雄とも表記される。
  2. ^ a b 各種系図では「有雄-通雄-海雄」と親子関係で繋ぐが、以下理由により3人を兄弟とする説もある。①『六国史』における有雄と通雄の登場年代が近接。②有雄と道雄の親子関係を逆転させている系図がある。③通雄に賜清原姓としている系図がある(『尊卑分脈』『群書類従』巻第63,清原氏系図)。④海雄を夏野の子とする系図があり(『続群書類従』巻第173,清原系図)海雄を有雄と同世代とするのが自然であること。[宝賀 1986: 157]
  3. ^ 日本文徳天皇実録』では有雄を天武天皇の五代孫とする。『尊卑分脈』では舎人親王の子に貞代王を繋ぐものの、貞代王は天武天皇の四代孫との注釈がある。
  4. ^ a b c d e 日本文徳天皇実録天安元年12月25日条

参考文献編集