メインメニューを開く

清水 善三(しみず ぜんぞう、1959年9月15日 - )は、日本の元俳優タレント。本名も同じ。兵庫県神戸市出身。祖父はテニス選手清水善造[1]。特技はスキーテニス

来歴・人物編集

専修大学松戸高等学校を経て[2]日本大学経済学部中退。高校時代は硬式テニス部に所属し、シングルスで千葉県大会準優勝の経験がある[2]。高校生時代は日本テニス協会の英才教育機関・ジュニアテニスアカデミーの1期生[1]

大学生時代のテニス大会の写真を見た松竹の関係者に推薦され[3]1981年に松竹映画なんとなく、クリスタル』のオーディションに合格し、芸能界デビューする。その後は、テレビドラマ映画バラエティ番組など数多くの作品に出演する。『欽ちゃんの週刊欽曜日』(TBS)のオーディションの時は、『暁に斬る!』(関西テレビ)のロケ中の合間を縫って急いで駆け付けたため、着替える時間も無く、かつら着流し姿のままでオーディション会場に現れ、その時居合わせた萩本欽一が大笑いして「君は帰っていい、合格!」とだけ言われて『週刊欽曜日』の出演が決まったという[3]

その後俳優・タレント業をリタイアし、53歳のときに妻の実家がある愛媛県に移住。現在は、妻と共に全国イベント「日本神話語りプロジェクト」のメインスタッフとして活動する[4][3]傍ら、愛媛県新居浜市の新居浜インドアテニスクラブで特別コーチを務めている[2]

新人の頃はカーマニアで、珍しい車に目が無く、ドラマ『家族の神話』に出演していた時はポルシェ・924が劇中に登場していたこともあって興奮していたという[5]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

その他の番組編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集