メインメニューを開く
この記事の項目名のうち「熙」の字には分野により以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • (康煕辞典体)
  • (異字体)
  • (俗字)
  • (別字)
 
清閑寺熈定
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文2年7月13日1662年8月26日
死没 宝永4年1月10日1707年2月12日
別名 一字名:賢
戒名 真空院円明常念
官位 従二位権大納言
主君 明正天皇後光明天皇後西天皇霊元天皇東山天皇
氏族 清閑寺家
父母 父:清閑寺熙房
母:貞了院(高倉永敦[1]の娘)
兄弟 熈定万里小路尚房野宮定基正室、寿光院勧修寺尹隆[2]室、愛宕通晴[3]
治房大久保忠英室、浄岸院一柳直昌正室、吉田兼章室、冷泉宗家
テンプレートを表示

清閑寺 熙定(せいかんじ ひろさだ、旧字体:淸閑寺 煕定)は、江戸時代前期から中期にかけての公卿権大納言清閑寺熙房の子。官位従二位・権大納言。明正天皇後光明天皇後西天皇霊元天皇東山天皇の五代に仕えた。

浅野長矩吉良義央に刃傷に及んだ際に江戸に下向していた院使として知られる。

経歴編集

寛文2年(1662年)7月13日、にて誕生。寛文3年(1663年)に正六位に叙任。寛文8年(1668年)に7歳で元服して昇殿した。右衛門権佐蔵人右少弁左少弁右中弁左中弁などを歴任して、天和3年(1683年)に22歳で蔵人頭に就任。さらに貞享元年(1684年)には正四位上参議左大弁となり、公卿に列した。

貞享4年(1687年)に権中納言へ進み、元禄12年(1699年)には権大納言となったが、間もなく辞職した。元禄14年(1701年)2月には霊元上皇の使者として江戸へ下向し、浅野長矩による吉良義央への殿中刃傷に遭遇した。

宝永4年(1707年)1月10日、薨去。享年46。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 権大納言
  2. ^ 権中納言
  3. ^ 権中納言

関連項目編集