渋江 抽斎(しぶえ ちゅうさい、澀江抽齋文化2年11月8日1805年12月28日) - 安政5年8月29日1858年10月5日))は、江戸時代末期の医師考証家書誌学者。名は全善、幼名は恒吉道純、または子良、通称を道純という。また、抽斎はであり、ほかにもいくつかの号を使用していた。森鴎外が『渋江抽斎 (小説)』を書いたことにより広く知られるようになった。

来歴編集

1805年、弘前藩侍医、渋江允成と3人目の妻縫との子として江戸神田に生まれる。儒学を考証家・市野迷庵に学び、迷庵の没後は狩谷棭斎に学んだ。医学を伊沢蘭軒から学び、儒者や医師達との交流を持ち、医学・哲学・芸術分野の作品を著した。津軽順承に仕えて江戸に住む。考証家として当代並ぶ者なしと謳われ、漢・国学の実証的研究に多大な功績を残した、特に『経籍訪古志』は、森立之との共著だが優れたものである。

蔵書家として知られ、その蔵書数は3万5千部といわれていたが、家人の金策や貸し出し本の未返却、管理者の不注意などによりその多くが散逸した。1858年、コレラに罹患し亡くなった。墓所は神田感応寺

生涯で4人の妻を持ち、最後の妻である五百(いお)は、抽斎没後の渋江家を守り、明治17年(1884年)に没した。

後世、森鷗外が歴史小説『渋江抽斎』を発表し、一般にも広く知られた。鴎外に情報提供したのは抽斎の七男の渋江保である。

親族編集

森鷗外の『渋江抽斎』には、四回結婚しその間に七男七女を儲けた記述がある[1]

  • 1人目の妻 尾島 定(おじま さだ)
    • 長男 恒善(つねよし)
  • 2人目の妻 比良野 威能(いの)
    • 長女 純(いと)
  • 3人目の妻 岡西 徳(おかにし とく)
    • 次男 優善(やすよし)
    • 三男 八三郎(はちさぶろう)
    • 二女 好(よし)
  • 4人目の妻 山内 五百(やまのうち いお)
    • 四男 幻香(げんこう)
    • 五男 修・本名 専六(せんろく)
    • 六男 翠暫(すいざん)
    • 七男 渋江保・本名 成善(しげよし)
    • 三女 棠(とう)
    • 四女 杵屋勝久・本名 陸(くが)
    • 五女 癸巳(きし)
    • 六女 水木(みき)
    • 七女 幸(さき)

著作編集

  • 『経籍訪古志』共著
  • 『留真譜』
  • 『護痘要法』
  • 『四つの海』
  • 『呂后千夫(りょこうせんふ)』小説、未刊行
  • 『読書指南』、市野迷庵著の補遺

史伝編集

  • 森鷗外『澀江抽齋』1916年1月13日-5月20日『大阪毎日』『東京日日』

新版(参考文献)編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 森鴎外. 渋江抽斎. 岩波文庫 

外部リンク編集