渡辺 操(わたなべ みさお、1908年3月28日 - 1970年2月10日)は、日本の地理学者。

北海道出身。明治大学卒。文部省図書局勤務を経て、1946年明治大学講師。同時に農林省開拓研究所研究員も兼任し、その調査結果はその後の開拓行政の大きな指針となった[1]。1948年明治大学教授。1961年「日本農業における経済地域構造の比較に関する研究」で明大経済学博士。北海道の地域研究で知られる。明大のアラスカ地域学術調査団長、山岳部長などを務めた[2]

著書編集

  • 『寒地農村の實態 北海道の開拓地域を中心として』柏葉書院 1948
  • 『世界の国々』新教育圖書 1948
  • 『わが国土 社会科』新教育図書 1949
  • 『わが国土 1 北海道地方』国民図書刊行会 1954
  • 『最新中学地理』法文社 1955
  • 『地理学概論』文雅堂書店 1955
  • 『日本の生活 上』三省堂出版 社会科地理文庫 1956

共編著編集

脚注編集

  1. ^ 学会記事, 「追悼 故渡辺 操君」『経済地理学年報』 16巻 1号 1970年 p.83-, doi:10.20592/jaeg.16.1_83
  2. ^ 日本人名大辞典