メインメニューを開く

渡辺 麿史(わたなべ たかふみ、1956年2月5日[1] - 2014年2月1日[2])は、大分県日田市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

渡辺 麿史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県日田市
生年月日 (1956-02-05) 1956年2月5日
没年月日 (2014-02-01) 2014年2月1日(57歳没)
身長
体重
177 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト4位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

日田林工業高では、エースとして1973年夏の甲子園に出場。1回戦で糸魚川商工黒坂幸夫と投げ合い完封勝ち、2回戦も浜田商を完封で降す。しかし3回戦はエース佃正樹を擁する広島商に2-3で惜敗[3]。卒業後は社会人野球日本鉱業佐賀関に入社するが、エース藤沢公也の陰に隠れあまり活躍の場はなかった。

1976年プロ野球ドラフト会議にて近鉄バファローズから4位指名を受けて、1年遅れの1977年オフに入団[1]。プロでは一軍での試合出場がないまま、1982年限りで現役引退[1]

1990年から中日ドラゴンズの九州担当スカウトに就任[2]中田賢一若松駿太などの選手獲得に携わった[4][5]

2014年2月1日急性白血病のため福岡県久留米市の病院で死去[2]。57歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 11 (1978年)
  • 35 (1979年 - 1982年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、644ページ
  2. ^ a b c 中日スカウトの渡辺麿史さん死去 57歳、元近鉄投手 読売新聞 2014年4月26日閲覧
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ ソフトB中田、李大浩ビビらせた 日刊スポーツ 2014年4月26日閲覧
  5. ^ 中日若松 1軍登板で恩返し 日刊スポーツ 2014年4月26日閲覧

関連項目編集