メインメニューを開く

港川フィッシャー遺跡(みなとがわフィッシャーいせき)は、沖縄県島尻郡八重瀬町にある旧石器時代遺跡。旧石器人として知られる港川人が出土した。

目次

概要編集

所在地編集

港川フィッシャー遺跡は、沖縄本島南部、那覇市より南方約10kmの島尻郡八重瀬町(旧・具志頭村)港川字長毛小字トーガマー原に位置する。

発見の経緯編集

アメリカ施政権下1967年昭和42年)11月、那覇市ガソリンスタンドを経営していたアマチュア考古学研究家の大山盛保は、具志頭村(現・八重瀬町)港川の石材店で入手した庭石(粟石=石灰岩)に、動物の化石らしきものを見出し、この石の産地に動物を求めて狩猟をしていた人類もいたのではないかと考えた。大山は港川・長毛地域の採石場に赴き、崖の割れ目(フィッシャー)を発掘すると1万年以上前のイノシシの骨が出土した。大山はイノシシを捕獲して暮らしていた人間の存在を確信したが、この考えに同意するのは考古学者多和田真淳ただ一人であった。遺跡からはハブ、ネズミ、カエルなど多種多様な動物の骨が出土したが、人骨はなかなか出ず、大山は日が暮れて暗くなると車のヘッドライトで遺跡を照らしながら発掘を続けた。

1968年(昭和43年)1月21日、大山は港川フィッシャー遺跡から人骨を発見する。同年3月19日山下町第一洞穴遺跡の発掘のため来琉していた東京大学鈴木尚教授らを港川に案内する。予備調査を行うと、大山が採集していた化石骨のうちに、ヒト脛骨2点、上腕骨1点、足の親指、頭骨片が確認された。 1968年末から1971年(昭和46年)にかけて第一次調査が、1974年(昭和49年)からは本格的発掘調査が行われ、完全に近い全身骨が5〜9体姿を現した。これが港川人である[1]

第一次沖縄洪積世人類発掘調査団編集

1968年12月25日1969年(昭和44年)1月7日、東京と沖縄の人類学・考古学者の混成チームによる発掘調査。団長は渡邊直經(東京大学)。 人骨は発見されず。1970年8月、大山が地下約20mで完全な化石頭骨と人骨を発見し、渡邊が緊急調査、頭骨など約40点の人骨片を発見した。同年11月、大山がほぼ完全な全身骨格を発掘する。

第二次沖縄洪積世人類発掘調査団編集

1970年(昭和45年)12月20日〜1971年1月10日。団長は田辺義一お茶の水女子大学)。人骨数点が出土したが、同調査では地質学的研究に力点が置かれた。

第三次沖縄洪積世人類発掘調査団編集

1974年12月23日12月29日。団長は土隆一静岡大学)。海水面下より人骨が出土した。1982年に本報告書Suzuki and Hanihara eds.1982『The Minatogawa Man』が出版された。

具志頭村教育委員会の発掘調査編集

1998年平成10年)から4年間、4次にわたる本格的発掘調査が行われた。旧石器時代の人骨・石器の発見はなし[2]

脚注編集