湯永綱

戦国時代の武将

湯 永綱(ゆ ながつな)は、戦国時代武将尼子氏の家臣。父は湯惟宗。子に湯国綱(亀井茲矩)

 
湯永綱
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 慶長9年1月27日1604年2月26日
別名 通称:三郎→左衛門尉
戒名 芳林善誉大居士
主君 尼子晴久義久
氏族 近江源氏佐々木氏湯氏
父母 父:湯惟宗
多胡辰敬の娘[1]
湯国綱(亀井茲矩)
テンプレートを表示

生涯編集

尼子氏家臣・湯惟宗の子として出雲国八束郡湯之荘(現在の島根県松江市玉湯町)で生まれ、尼子氏に仕える。

嫡男の国綱亀井秀綱の次女を娶って亀井氏の名跡を継ぎ、亀井茲矩を名乗った。

注釈編集

  1. ^ 生年不詳 - 慶長11年12月20日1607年1月18日)。法名は「光厳寿清大姉」。

参考文献編集