メインメニューを開く

源 家賢(みなもと の いえかた)は、平安時代中期から後期にかけての公卿醍醐源氏高明流、中納言源資綱の長男。官位正二位・権中納言。

 
源家賢
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 永承3年(1048年
死没 嘉保2年(1095年)8月
改名 師信→家賢
官位 正二位権中納言
主君 後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇
氏族 醍醐源氏高明
父母 父:源資綱、母:源道方
兄弟 家賢道良明家時家、覚俊、御匣殿
家俊重賢広賢、成覚
テンプレートを表示

目次

経歴編集

康平3年(1060年従五位下に叙爵。康平4年(1061年越中権守を務め、康平6年(1063年右衛門佐に任ぜられる。康平8年(1065年)従五位上に叙せられた。

治暦3年(1067年右近衛少将に任ぜられる。治暦5年(1069年正五位下美作介に叙任、続いて従四位下に叙せられる。延久2年12月(1071年1月)に従四位上、延久4年12月(1073年2月)正四位下に昇叙し、延久6年(1074年備中介を兼ね、右近衛中将に転じた。承保2年(1075年従三位右兵衛督に叙任されて公卿に列す。

承保4年(1077年正三位に昇叙。承暦3年(1079年)左兵衛督に転じ、承暦4年(1080年参議に任ぜられた。備中権守を経て、応徳3年(1086年)権中納言に進む。寛治2年(1088年)の朝覲行幸にて白河上皇院別当として従二位に叙せられ、寛治3年(1089年)右衛門督に転じ、正二位に進む。同年、石清水八幡宮奉幣が行われた際には奉幣使を務めた。

寛治5年(1091年)左衛門督、寛治8年(1094年)には宮内卿を兼任するが、嘉保2年(1095年)8月、48歳で薨去した。

官歴編集

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 康平3年(1060年)3月4日:従五位下に叙す(皇太后宮臨時御給)。
  • 康平4年(1061年)12月:越中権守に任ず。
  • 康平6年(1063年)11月:右衛門佐に任ず。
  • 康平8年(1065年)正月5日:従五位上に叙す(佐労)。
  • 治暦3年(1067年)2月:右近衛少将に遷る。
  • 治暦5年(1069年
    • 正月27日:正五位下に叙し、美作介を兼ぬ。
    • 8月16日:従四位下に叙す(行幸閑院院司賞)。
  • 延久2年12月28日(1071年1月31日):従四位上に叙す(供養圓明寺日。陽明門院院司賞)。
  • 延久4年12月29日(1073年2月8日):正四位下に叙す(御即位院御給)。
  • 延久6年(1074年)/承保元年
    • 正月28日:備中介を兼ぬ。
    • 12月26日(1075年1月15日):右近衛中将に遷る。
  • 承保2年(1075年)正月28日:右兵衛督に任じ、従三位に叙す(父資綱卿譲)。
  • 承保4年(1077年)正月11日:正三位に叙す(行幸陽明門院。院于時遷御東三條第)。
  • 承暦3年(1079年)11月7日:左兵衛督に遷る。
  • 承暦4年(1080年)8月14日:参議に任ず。左兵衛督如元。
  • 永保4年(1084年)正月19日:備中権守を兼ぬ。
  • 応徳3年(1086年
    • 10月10日:著座。
    • 11月20日:権中納言に任ず。
  • 寛治2年(1088年)正月19日:従二位に叙す(行幸院別當賞)。
  • 寛治3年(1089年
    • 正月28日:右衛門督に遷る。
    • 4月24日:奉幣使に補す(石清水八幡宮奉幣)[1]
  • 時期不詳:正二位に叙す。
  • 寛治5年(1091年)正月:左衛門督に転ず。
  • 寛治8年(1094年)正月:宮内卿を兼ぬ。
  • 嘉保2年(1095年
    • 4月15日:賀茂社行幸に奉仕す。
    • 7月20日:左衛門督を辞せんことを請う。
    • 8月:薨去。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 中右記寛治3年4月24日条

参考文献編集