メインメニューを開く
 
源弘
時代 平安時代初期-前期
生誕 弘仁3年(812年
死没 貞観5年1月25日863年2月16日
別名 広幡大納言
官位 正三位大納言
主君 淳和天皇仁明天皇文徳天皇清和天皇
氏族 嵯峨源氏
父母 父:嵯峨天皇、母:上毛野氏
兄弟 嵯峨天皇#系譜参照
阿保親王の娘
テンプレートを表示

源 弘(みなもと の ひろむ)は、平安時代初期から前期にかけての公卿嵯峨天皇皇子(嵯峨第二源氏)。官位正三位大納言広幡大納言と号す。

経歴編集

弘仁5年(814年)に兄弟のとともに源朝臣姓を賜与され臣籍降下淳和朝天長5年(828年无位から従四位下直叙され、天長7年(830年)従四位上・宮内卿に叙任される。

仁明朝初頭の承和元年(834年正四位下に叙せられると、仁明朝では治部卿刑部卿等を歴任し、承和9年(842年)に同い年の弟・常に遅れること10年にして参議となり公卿に列す。議政官として治部卿・左大弁を兼ねたのち、承和14年(847年従三位嘉祥元年(848年中納言と昇進した。

その後、官途では弟の安倍安仁の後塵を拝すが、仁寿元年(851年正三位に叙せられ、清和朝初頭の貞観元年(859年)には大納言に至った。貞観5年(863年)正月25日に当時流行していた咳逆病によって、弟の定と相前後して没した。享年52。最終官位は大納言正三位。

人物編集

性格は温厚で仁愛の心が深かった。政務に通暁しており決断力もあった。

幼い頃から明敏で経書史書を好んで読んだ。嵯峨天皇の皇子の中では最も好学心があり、天皇から特別に経書を賜与されるなど、他の皇子と比べて家には非常に多くの賜与された書籍があったが、読書に倦むようなことはなかったという。管弦も好み、公事を終えて退庁したあとは、や読書を楽しみとしていた。また、隷書にも秀でた[1]

官歴編集

注記のないものは『六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:嵯峨天皇
  • 母:上毛野氏
  • 妻:阿保親王の娘
  • 生母不明
    • 男子:源同
    • 男子:源撰
    • 男子:源雙
    • 四男:源弼(?-?)
    • 男子:源道
    • 六男:源希(848-902)
    • 男子:源愗
    • 男子:源就
    • 男子:源昭
    • 男子:源近

脚注編集

  1. ^ 『日本三代実録』貞観5年正月25日条
  2. ^ 『新撰姓氏録』左京皇別
  3. ^ a b c d 『公卿補任』

参考文献編集