メインメニューを開く
 
源常
源常.jpg
源常(『前賢故実』より)
時代 平安時代初期
生誕 弘仁3年(812年
死没 仁寿4年6月13日854年7月15日
改名 常王→源常
別名 東三条左大臣
官位 正二位左大臣正一位
主君 淳和天皇仁明天皇文徳天皇
氏族 嵯峨源氏
父母 父:嵯峨天皇、母:宅刀自(飯高岳足の娘)
兄弟 有智子内親王潔姫正良親王正子内親王、貞姫、、全姫、、善姫、秀良親王忠良親王業良親王、基良親王、業子内親王、秀子内親王、俊子内親王、芳子内親王繁子内親王、基子内親王、仁子内親王、宗子内親王、純子内親王、斉子内親王、淳王、、澄、、賢、継、若姫、密姫、端姫、盈姫、更姫、神姫、容姫、吾姫、声姫、年姫、良姫
、相、備
養子:
テンプレートを表示

源 常(みなもと の ときわ)は、平安時代初期の公卿嵯峨天皇の皇子(嵯峨第三源氏)。官位正二位左大臣正一位東三条左大臣とも呼ばれる。

経歴編集

弘仁5年(814年)に兄のと共に源朝臣姓を賜与され臣籍降下する。

淳和朝天長5年(828年)弘と同時に無位から従四位下直叙され、常は兵部卿に任ぜられる。天長7年(830年)再び弘と同時に昇叙されて従四位上となるが、翌天長8年(831年)正月に三階昇進して従三位に叙せられ、嵯峨源氏兄弟の中でいち早く公卿に列す。同年7月に信が参議に任ぜられて公卿に加わるが、翌天長9年(832年)常は21歳の若さで参議を経ずに中納言に昇進し、その後は嵯峨源氏の筆頭格として先頭を切って順調に昇進していく。

天長10年(833年仁明天皇の即位に伴って正三位に叙せられると、承和4年(837年左近衛大将、承和5年(838年大納言に任ぜられ、20歳代半ばにして左大臣藤原緒嗣右大臣藤原三守に次いで太政官の第三位の席次まで昇る。承和7年(840年)右大臣・藤原三守の薨去により、常がその後任として右大臣兼東宮傅皇太子恒貞親王)となる。この年に発行された11通のうち過半を占める6通で常が上卿を務め[1]一上であった左大臣・藤原緒嗣を凌いで実質的な筆頭公卿としての職責を果たしている[2]。承和8年(841年従二位

承和9年(842年承和の変が発生し、恒貞親王が皇太子を廃されると共に多数の春宮坊官人が処罰されるが、東宮傅の常は難を逃れ、さらには新皇太子・道康親王の東宮傅に任ぜられている。承和10年(843年)には桓武朝末から長きに亘り公卿に列していた左大臣・藤原緒嗣が没し、常は32歳にして太政官の首班に立ち、その後10年にあまりにわたってその地位を占め、兄弟の信・・弘と共に嵯峨源氏として朝廷の一大政治勢力をなした。この間の承和11年(844年左大臣に昇進している。また仁明朝では、承和7年(840年)に完成した『日本後紀』の編纂にも携わった。

嘉祥3年(850年文徳天皇の即位後に正二位に叙せられた。仁寿4年(854年)6月13日薨去。享年43。最終官位は左大臣正二位。没後、正一位位階を贈られた。

人物編集

素行が落ち着いていて物事に動じず、風神のように静爽としているとして、他の皇子と比べて、父・嵯峨天皇から特に寵愛されたという。身のこなしが優雅で、言論も穏やかであった。人材を見抜くのに優れ、才能の士を推引し、讒侫の徒を遠ざけ、「丞相の器」と評された[3]

漢詩作品が『経国集』に採録されているほか[4]歌人としても『古今和歌集』にその詠歌を載せる[5]

官歴編集

注記のないものは『六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:嵯峨天皇
  • 母:飯高宅刀自 - 更衣、飯高岳足の娘
  • 生母不明の子女
    • 男子:源興(828年 - 872年)
    • 男子:源頴(? - 879年)
    • 男子:源直(830年 - 899年)
    • 男子:源相
    • 男子:源備
  • 養子女
    • 男子:源啓(829年 - 869年)

常の姻戚関係は明らかでないが、「長谷寺霊験記」において藤原雄友の孫娘との姻戚関係を伝える説話があるほか、生母の飯高氏を介しての藤原三守との関係に対する指摘もある[8]

脚注編集

  1. ^ 『類聚三代格』
  2. ^ 大和[1991: 682]
  3. ^ 『日本文徳天皇実録』斉衡元年6月13日条
  4. ^ 『経国集』巻10
  5. ^ 『古今和歌集』36
  6. ^ 『新撰姓氏録』左京皇別
  7. ^ a b c 『公卿補任』
  8. ^ 大和[1991: 681]

参考文献編集

  • 森田悌『日本後紀 (中)』講談社講談社学術文庫〉、2006年
  • 森田悌『日本後紀 (下)』講談社〈講談社学術文庫〉、2007年
  • 森田悌『続日本後紀 (上)』講談社〈講談社学術文庫〉、2010年
  • 森田悌『続日本後紀 (下)』講談社〈講談社学術文庫〉、2010年
  • 公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 大和典子「源朝臣常の左大臣就任について--承和11年の政局を中心に」『政治経済史学』300、1991年