源成雅

源 成雅(みなもと の なりまさ、生没年未詳)は、平安時代後期の貴族村上源氏陸奥守源信雅の四男。官位正四位下左近衛中将近江中将と号す。

目次

経歴編集

藤原忠実の恋人であったが[1]、忠実の息子であり成雅の姉妹が妻となっていた藤原頼長に近侍し、頼長とも関係を持っていた事が『台記』に書かれている。保元元年(1156年)に発生した保元の乱の際には成雅は左近衛権中将官職にあったが、頼長とともに崇徳上皇方に参加する。上皇方が後白河天皇方に敗れると、出家して(法名蓮浄)恭順の意を示すが、赦されず越後国配流となった。

数年を経て応保年間には帰洛が許され[2]、その後かつての敵であった後白河院の近習となった[3]。僧形となっていたことから、近江中将入道と呼ばれたという。

降って安元3年(1177年)には、鹿ケ谷の陰謀に加担したかどで捕らえられ、再度佐渡国に配流となっている。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 今鏡』村上の源氏 第七 武蔵野の草
  2. ^ 『尊卑分脈』
  3. ^ 梁塵秘抄

参考文献編集