メインメニューを開く
 
高階為家
時代 平安時代後期
生誕 長暦2年(1038年
死没 嘉永元年11月17日1106年12月14日
官位 正四位下備中守
氏族 高階氏
父母 父:高階成章
母:藤原宣孝娘・大弐三位
兄弟 章行章親慶朝為家藤原通宗室、藤原通房乳母、藤原伊房
藤原義忠
為章為賢為遠源家実室、
源有賢室、源雅俊室、源信雅室?
養子:為行
テンプレートを表示

高階 為家(たかしな の ためいえ)は、平安時代後期の貴族正三位高階成章の子。官位正四位下備中守白河上皇の近臣としてだけでなく、関白藤原師実の家司としても仕えた。

経歴編集

長暦2年(1038年)、高階成章の子として誕生。母は紫式部の娘大弐三位(藤原賢子)である。

越後守播磨守近江守越前守、備中守、但馬守加賀守丹波守等を歴任した。

寛治7年(1093年)、興福寺衆徒が為家による春日神人暴行を朝廷に訴える。これにより、為家は一時土佐国に配流となる。

嘉承元年(1106年)11月17日、卒去。享年69。

系譜編集

出典編集

  • 『日本人名大辞典』(講談社)