源国明

平安時代後期の貴族。母は源定良の娘。正四位上・伊予守
 
源国明
時代 平安時代後期
生誕 康平7年(1064年
死没 長治2年4月17日1105年6月1日
別名 藤原国明
官位 正四位上内蔵頭伊予守
主君 白河上皇
氏族 藤原北家中関白家醍醐源氏
父母 父:藤原師基、母:源定良の娘
養父:源俊明
兄弟 養兄弟:能俊実明能明明賢憲明俊源増俊隆絮静観藤原忠教継室
不詳
源信雅室?、源雅俊
養子:為忠
テンプレートを表示

源 国明(みなもと の くにあき)は、平安時代後期の貴族藤原北家中関白家若狭守藤原師基の子。官位正四位上伊予守。史料上では源・藤原両姓の表記が錯綜している。

経歴編集

父の婿であった源俊明の養子となる。左衛門佐を経て、白河院政期初頭の寛治2年(1088年)ごろ越後守に任ぜられると、寛治7年(1093年備前守、康和4年(1102年伊予守と白河院政期前半に受領を歴任。この間に、承徳2年(1098年正四位下に叙せられている。白河天皇の乳母子であり白河院庁執行別当を務めた。

長治2年(1105年)正月に正四位上に昇叙されるが、4月上旬より熱病を発し、4月17日に卒去享年42。最終官位は伊予守正四位上。国明が没した知らせを受けて白河院は非常に嘆き、翌日予定していた祭の見物を急遽取り止めたという[1]

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『中右記』
  2. ^ 『寛治2年高野御幸記』
  3. ^ 『陽明文庫本中右記』
  4. ^ 『上皇御移徒記』
  5. ^ a b 『殿暦』
  6. ^ 『尊勝寺供養記』『諸寺供養記』
  7. ^ 『高階仲章記』

出典編集