メインメニューを開く

源 成頼(みなもと の なりより)は、平安時代中期の貴族宇多源氏参議源扶義の長男。官位は四位・近衛中将。古くから佐々木氏の祖とされ佐々木成頼とも記される。

 
源成頼
時代 平安時代中期
生誕 天延4年/貞元元年(976年
死没 長保5年8月7日1003年9月5日
別名 佐々木成頼
官位 四位・近衛中将
主君 一条天皇
氏族 宇多源氏
父母 父:源扶義
母:源是輔または藤原行成
兄弟 成頼経頼藤原兼隆正室、延尋、
簾子、上東門院小少将
菅野敦頼娘
佐々木義経、宗頼、成経
テンプレートを表示
成頼公墓碑.jpg

目次

経歴編集

尊卑分脈』によると、左近衛将監兵庫助を歴任し、位階従五位下であったとされるが、外祖父とも目される藤原行成の日記『権記』によると「中将成頼朝臣」との表現があり[1]、四位・近衛中将に至ったと想定される。長保5年(1003年8月7日卒去[2]。享年26。

『尊卑分脈』を始めとする各種系図では近江国佐々木庄に居住し佐々木氏の祖となったされる。一方で、明治時代以降提唱されている佐々木氏の出自を古代豪族の沙沙貴山君に求める説では、佐々木氏祖の成頼と宇多源氏の成頼は同時代の同名異人である可能性を指摘している[3]

弓馬も嗜んだという[4]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『権記』長保3年8月4日条
  2. ^ 『権記』長保5年8月7日条
  3. ^ 宝賀[1986: 404]
  4. ^ a b c d e 『尊卑分脈』
  5. ^ a b c 「亀井家譜、佐々木富士名判官履歴及世系」(中田憲信『好古類纂』所収)

参考文献編集

先代:
-
近江佐々木氏歴代当主
源成頼
次代:
佐々木義経