メインメニューを開く

源 明国(みなもと の あきくに)は、平安時代後期の武将。「多田」を号したことから多田明国(ただ の あきくに)とも記される。三河守源頼綱の長男。官位従四位下下野守

 
源明国
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
改名 行光(初名)→明国
別名 多田明国
墓所 兵庫県川西市満願寺(供養塔)
官位 従四位下[1]蔵人検非違使左衛門尉下野守
主君 藤原師通忠実
氏族 多田源氏
父母 父:源頼綱
兄弟 明国仲政国直頼子
藤原師通側室、源能俊室、藤原行実室、盛子
養兄弟:行延国房[1]
掃部助高行娘
行国経光
養子:有頼盛隆

略歴編集

初名は行光。累代の本拠地である多田荘を継承し、父祖に続いて摂関家に近侍した。白河院蔵人堀河天皇六位蔵人を務めた後、検非違使左衛門尉を経て永長元年(1096年)11月に従五位下に叙され、翌12月には藤原師通家の侍所別当(職事)に任じられる(『後二条師通記』)。その後、長治2年(1105年)に京中において郎党を殺害したことにより弓庭に拘禁された(『殿暦』)。

天永2年(1111年)正月の除目で下野守に任ぜられ同国に下向した。しかし、同年主君である藤原忠実の命令で美濃国荘園に赴いた際、道中で無礼者を咎めたことから私闘に発展し、信濃守橘広房源為義の郎党など3人を殺害するに至った事が原因で佐渡国流罪となった(『殿暦』『中右記』)。

佐渡に流された後の明国は武威を振るって国司の任務を妨げ、大治3年(1128年)佐渡守藤原親賢は、明国を他国に移すよう朝廷に請うている。翌大治4年(1129年)に召還されたが、その後の動向は不明。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b 尊卑分脈

参考文献編集