メインメニューを開く

元木泰雄

元木 泰雄(もとき やすお、1954年12月7日 - )は、日本歴史学者である。京都大学大学院人間・環境学研究科教授兵庫県西宮市出身。

目次

経歴編集

  • 1973年3月 大阪教育大学附属高等学校池田校舎卒業
  • 1974年4月 京都大学文学部入学
  • 1978年3月 京都大学文学部国史学専攻卒業
  • 1980年3月 京都大学大学院文学研究科修士課程修了
  • 1983年3月 京都大学大学院文学研究科博士課程指導認定退学
  • 1983年4月 京都大学文学部研修員
  • 1984年4月 日本学術振興会特別研究員
  • 1985年4月 京都大学文学部研修員
  • 1987年4月 大手前女子大学文学部講師
  • 1990年10月 大手前女子大学文学部助教授
  • 1995年1月 「院政期政治史研究」で博士(文学)
  • 1997年4月 京都大学総合人間学部助教授
  • 2003年4月 京都大学大学院人間・環境学研究科助教授
  • 2004年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科教授

人物編集

専門は日本中世史。特に、院政期から鎌倉時代にかけての中世前期の政治史。教養部時代に上横手雅敬の『吾妻鏡』の購読に出席したことがきっかけで、中世前期政治史を専攻するようになった[1]。指導教官は上横手雅敬大山喬平[2]

門下生編集

単著編集

監修・編著編集

  • 『日本の中世8 院政と平氏、鎌倉政権』2002年、中央公論新社
  • 『日本の時代史7 院政の展開と内乱』2002年、吉川弘文館
  • 『兵庫県の歴史』2004年、山川出版
  • 『古代の人物6 王朝の変容と武者』2005年、清文堂
  • 『日記で読む日本中世史』2005年、ミネルヴァ書房
  • 『中世の人物●京・鎌倉の時代編 第1巻 保元・平治の乱と平氏の栄華』編 清文堂出版 2014

脚注編集

  1. ^ 『院政期政治史研究』、1996年、380頁
  2. ^ 『院政期政治史研究』、1996年、380頁
  3. ^ 『中世前期の政治構造と王家』、2015年、220頁
  4. ^ 『中世公武関係と承久の乱』、2015年、316頁
  5. ^ 『中世の〈遊女〉-生業と身分』、2017年、367頁

外部リンク編集