メインメニューを開く

源 頼賢(みなもと の よりかた、生年未詳 - 保元元年7月30日1156年8月17日))は、平安時代末期の河内源氏の武将。源為義の四男。母は源基実の娘。あるいは文徳源氏源資遠資道)の娘とも。同母弟に源頼仲源為宗がいる。左衛門尉

次兄・義賢と仲がよく、父子の盟約を交わしたと言われる。久寿2年(1155年)、義賢が甥・義平に討ち取られると、その復仇を果たすべく信濃国に下向、鳥羽法皇領を侵犯する。これを知った法皇は、義平の父で頼賢の長兄にあたる義朝に対して、頼賢追討の院宣を下す。これにより、河内源氏一族内に緊張が高まったが、直前で義朝は頼賢追討を回避、頼賢もほどなく帰京した。

保元の乱では為義に従い、崇徳上皇藤原頼長方として活躍。義朝軍を相手に奮闘する様が『保元物語』に活写されている。崇徳上皇方の敗北に伴い、乱の後捕らえられ、義朝の手によって船岡山京都市北区)において斬首された。

子の淡路冠者源義久は、1183年に従兄弟の源義嗣とともに淡路国平教経と戦うが、義久は捕虜にされてしまった(六ヶ度合戦)[1]

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ 菱沼一憲国立歴史民俗博物館科研協力員)は著書「源義経の合戦と戦略 ―その伝説と実像― 」(角川選書、2005年)による。