メインメニューを開く

佐々木 秀義(ささき ひでよし)は、平安時代末期の武将源頼朝の挙兵を助けた佐々木四兄弟の父。

 
佐々木秀義
時代 平安時代末期
生誕 天永3年(1112年
死没 元暦元年7月19日1184年8月26日
別名 源三、三郎[1][2]
官位 兵部丞[2]、近江惣追捕使[2]、贈近江権守
主君 源頼朝[2]
氏族 宇多源氏近江源氏佐々木氏
父母 父:佐々木爲俊[1][2]
源為義の娘、渋谷重国の娘
定綱[1][2]経高[1][2]盛綱[1][2]高綱[1][2]義清[1][2]厳秀[2]、能恵

生涯編集

近江国蒲生郡佐々木荘を領し、秀義の母方の伯母は藤原秀衡に嫁ぎ、自身は源為義の娘を妻としており、この頃の佐々木氏が有力武士であった事を伺わせる。

保元元年(1156年)に崇徳上皇後白河天皇が争った保元の乱で、秀義は天皇方の源義朝に属して勝利した。

平治元年(1159年)の平治の乱でも義朝に属し、義朝の長男である義平に従い戦うが、義朝方は敗れ、伯母の夫である秀衡を頼って奥州へと落ち延びる途中、相模国渋谷重国に引き止められ、その庇護を受け娘を娶り五男の義清をもうけ、20年を渋谷荘に送った。

治承4年(1180年)に源頼朝伊豆国平氏打倒の兵を挙げる際、平家の家人大庭景親から頼朝討伐の密事を聞き、子の定綱を使いに出して頼朝に危急を知らせる。定綱、経高盛綱高綱を頼朝挙兵に従わせ、その功により本領を安堵され、佐々木荘へと戻る。

元暦元年(1184年)7月の三日平氏の乱において、五男義清と共に反乱鎮圧に赴き、平家継平信兼らの率いる伊賀伊勢の平家方残党と甲賀郡上野村で戦い90余人を討った後、戦死した[注釈 1]。享年73。死後、その功により近江権守を贈られる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 別の文献では10月に甲賀で討ち死にしたとする[2]
  1. ^ a b c d e f g 田村哲夫編修 1980, p. 229.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 今井尭ほか編 1984, p. 303.

参考文献編集

  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ
  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998 国立国会図書館デジタルコレクション


先代:
佐々木爲俊
近江佐々木氏歴代当主
佐々木秀義
次代:
佐々木定綱