メインメニューを開く

源 顕基(みなもと の あきもと)は、平安時代中期の公卿醍醐源氏高明流、権大納言源俊賢の子。官位従三位権中納言後一条天皇側近として仕えた。

 
源顕基
時代 平安時代中期
生誕 長保2年(1000年
死没 永承2年9月3日1047年9月30日
別名 正字:顯基
官位 従三位権中納言
主君 後一条天皇
氏族 醍醐源氏高明
父母 父:源俊賢
母:藤原忠君娘・中納言の君
兄弟 成尋阿闍梨母顕基隆国、隆縁
藤原実成次女、藤原行成長女
資綱、俊長、俊相
テンプレートを表示

目次

経歴編集

寛弘8年(1011年従五位下叙爵し、長和2年(1013年侍従右兵衛佐に任ず。

長和2年(1013年)に左大臣藤原道長賀茂社に詣でた際にはこれに参じている[1]。長和3年(1014年左近衛少将に任ぜられる。長和4年(1015年)従五位上・備前介に叙任。

長和5年(1016年正五位下に叙される。同年2月に後一条天皇が即位すると、顕基は天皇に信頼され、寛仁2年(1018年)に従四位下に叙され、播磨介周防権介右近衛中将を歴任。治安3年(1023年)従四位上に進み、蔵人頭に補され、左近衛中将に転じる。さらに長元2年(1029年)従三位・参議に叙任され公卿に列し、長元8年(1035年)権中納言に至る。

この間の治安4年(1024年)には顕基の従者が源資通の従者と闘乱を起こしたため勘事に処されている[2]。また、長元元年(1028年)に顕基の従者が盗人に射殺されている[3]

長元9年(1036年)に後一条天皇が29歳で崩御すると、それに伴って出家した。永承2年(1047年)9月、48歳で薨去した。

逸話編集

十訓抄』には、後一条天皇が崩御した際に顕基は、「忠臣二君に仕えず」として出家してしまったという逸話がある。また、『徒然草』によれば顕基は無罪ながら流罪にされたという。

官歴編集

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 寛弘8年(1011年)10月16日:従五位下に叙爵(氏)。
  • 長和2年(1013年
    • 正月24日:侍従に任ず。
    • 10月23日:右兵衛佐に任ず。
  • 長和3年(1014年)3月3日:左近衛少将に任ず。
  • 長和4年(1015年
    • 正月7日:従五位上に叙す(少将労)。
    • 2月18日:備前介を兼ぬ。
  • 長和5年(1016年)正月6日:正五位下に叙す(皇太后宮御給)。
  • 寛仁2年(1018年)正月5日:従四位下に叙す(少将労)。
  • 寛仁4年(1020年)正月:播磨介を兼ぬ。
  • 治安元年(1021年)3月8日:周防権介を兼ぬ。
  • 治安3年(1023年
    • 正月6日:従四位上に叙す(少将労)。
    • 2月12日:右近衛権中将に任ず。
    • 12月15日(1024年1月28日):蔵人頭に補す。
  • 万寿元年(1024年)9月19日:従四位下に叙す(父卿中宮大夫賞譲之)。
  • 万寿3年(1026年)10月26日:左近衛中将に転ず。
  • 万寿4年(1027年)6月13日:服解。7月:復任。
  • 長元2年(1029年
    • 正月24日:参議に任じ(中将如元)周防権守を兼ぬ。
    • 12月20日(1030年1月16日):従三位に叙す(八幡加茂行幸行事賞)。
  • 長元8年(1035年
    • 正月30日:伊予権守を兼ぬ。
    • 8月:服解。
    • 10月:復任。
    • 10月14日:権中納言に任ず。
  • 長元9年(1036年)4月22日:出家。
  • 永承2年(1047年)9月3日:薨ず。享年48。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 御堂関白記長和2年4月23日条
  2. ^ 小右記治安4年3月4日条
  3. ^ 『小右記』長元元年11月3日条