漢字Talk(かんじトーク)は、Apple1996年まで使用していたMacintoshオペレーティングシステムであるClassic Mac OSの日本語版につけた名前。翻訳されたアプリケーションで構成されており、日本語フォントが設定され、ことえりと呼ばれる日本語入力システムが搭載されていた。このソフトウェアは日本でのみ発売され、サポートもアップルコンピュータジャパンのMacintoshのみを対象とした。

漢字Talk
Mac OS ファミリー
開発者
Apple
リリース情報
最新安定版 7.5.5 - 1996年11月14日 [info]
ソースモデル クローズドソース
サポート状態
終了

沿革編集

開発指示編集

1985年(昭和60年)、Macintosh部門の責任者であったスティーブ・ジョブズからの指示により、ジェームス比嘉とケン・クルグラー[1]Mark Davisらにより開発が始められる。大座畑重光によると漢字TalkのTalkはSmalltalkからとったという[2]

漢字Talk 1.0[3]編集

漢字Talk 2.0[3]編集

  • 1988年[6]
  • System 4.1をベースとしていた[7]
  • 日本語フォントとしてOsaka、Kyotoが付属[5]

漢字Talk 6.0編集

  • 1989年[8]
  • ベースのシステムとバージョン番号が同期するようになる。
  • カレンダーを正月三が日のいずれかにセットして立ち上げるとスタートアップ時の"Welcome to Macintosh"画面に「あけましておめでとうございます」が表示された[9]

漢字Talk 7 リリース7.1編集

漢字Talk 7.5編集

  • 漢字Talk 7.5.1 - 1995年 Performa 6260[15], Power Macintosh 6300[16]に付属。
  • 漢字Talk 7.5.2 - 1995年 初代のPowerMacintosh 9500, 8500 ,7500, PowerBook 5300, 190, Duo 2300に付属。ネットワーク周りなど多数の問題を抱えていた[17]
  • 漢字Talk 7.5 バージョン7.5.3 - 1996年5月 マイナーアップデートされたPowerMacintosh 9500, 8500 ,7500に付属[18]
    • 漢字Talk 7.5 バージョン7.5.3 リリース2 - 1996年9月3日発表[19]。かつて一部フォントを除いたディスクイメージが無償ダウンロード提供されていた[20]
  • 漢字Talk 7.5.5 - 1996年11月14日発表[21]

グローバルな名称への統合編集

System 7.6として発表されていたOSは、リリース時にMacintosh互換機へのライセンスとの兼ね合いで、Mac OS 7.6という名称とされ[22][23]、漢字Talkという日本語版のみの独自名称の利用は7.5.5までで終わった。


仕様編集

漢字Talkでの内部文字コードは、6.0.xまではShift-JISを使い、7.1からAppleも策定に協力したUnicode[24] に取って代わられたが、採用している漢字およびフォントはJISのものに縛られていた[25][26]

  • Sapporo - 漢字Talk 1.0に搭載されたゴシック体[27] のビットマップフォント。
  • Kyoto - 漢字Talk 6.0.7.1まで搭載された明朝体のビットマップフォント。
  • Osaka - Sapporoに代わって搭載されたゴシック体のビットマップフォントで、システムフォントとなった。 漢字Talk 7.1からTrueTypeフォント。
  • リュウミンL-KL - 漢字Talk 7.1から搭載された明朝体のTrueTypeフォント[12]。ロックがかかっておりアウトラインがとれない。
  • 中ゴシックBBB - 漢字Talk 7.1から搭載されたゴシック体のTrueTypeフォント[12]。ロックがかかっておりアウトラインがとれない。
  • 平成角ゴシック W5 - 漢字Talk 7.1から搭載されたゴシック体のTrueTypeフォント[12]
  • 平成明朝 W3 - 漢字Talk 7.1から搭載された明朝体のTrueTypeフォント[12]
  • 本明朝-M - 漢字Talk 7.1から搭載された明朝体のTrueTypeフォント[12]
  • 丸ゴシック-M - 漢字Talk 7.1から搭載された丸ゴシック体のTrueTypeフォント。本明朝-Mと同じリョービイマジクスの書体「シリウス-M」[12]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【レビュー】世界のOSたち - GUIを世界に広めた「Mac OS」前編
  2. ^ 「漢字Talkの名付け親」が語るAppleへの想い|Mac Fan” (日本語). book.mynavi.jp. 2019年8月21日閲覧。
  3. ^ a b c 世界のOSたち - GUIを世界に広めた「Mac OS」後編 - 1 Macintoshに日本語をもたらした「漢字Talk」
  4. ^ 漢字Talk 1.0 - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典” (日本語). yougo.ascii.jp. 2018年4月15日閲覧。
  5. ^ a b 世界のOSたち - GUIを世界に広めた「Mac OS」後編 (1)” (日本語). マイナビニュース (2012年12月11日). 2022年1月9日閲覧。
  6. ^ 漢字Talk 2.0 - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典” (日本語). yougo.ascii.jp. 2018年4月15日閲覧。
  7. ^ 漢字Talk 2.0
  8. ^ 漢字Talk 6.0 - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典” (日本語). yougo.ascii.jp. 2018年4月15日閲覧。
  9. ^ Raisan 1997, p. 168.
  10. ^ SuperASCII 1991年4月号, p. 45.
  11. ^ 漢字Talk 6.0.7, Appleウィキ
  12. ^ a b c d e f g h Mac OS漢字Talk 7.1とTrueTypeの登場─フォント千夜一夜物語(9) - 日本印刷技術協会
  13. ^ System7はGomTalkSysMode日本語といったパッチソフトで漢字Talk 6.0.7の日本語部分を無理やりインストールして日本語化する方法が使えた
  14. ^ Raisan 1997, p. 105.
  15. ^ この夏限定販売のMacintosh Performa 6260”. pc.watch.impress.co.jp. 2021年4月7日閲覧。
  16. ^ 「Power Macintosh 6300/120」を発表”. web.archive.org (1997年2月25日). 2021年4月7日閲覧。
  17. ^ Apple、漢字Talk 7.5.3へのアップグレードを無償で配布予定”. インプレス. 2021年4月7日閲覧。
  18. ^ Power Macintoshの新製品 4機種5モデルを発表”. pc.watch.impress.co.jp. 2021年4月7日閲覧。
  19. ^ アップル、漢字Talk 7.5.3を発表
  20. ^ ソフトウェアリファレンス 漢字Talk 7.5 バージョン7.5.3
  21. ^ アップル、「漢字Talk 7.5.5アップデート」の無償配布開始を発表
  22. ^ 祝Macintosh30周年!! SystemからMac OSへ名称変更|Mac - アスキー
  23. ^ Mac OS 7.5以降のユーザーには9,000円、それ以前のバージョンのユーザーには24,000円で提供 - アップル、Mac OS 7.6を発表、3月下旬より発売 - PC watch (1996年2月17日)
  24. ^ Unicodeとは - 日本電子出版協会
  25. ^ A Brief History of Character Codes, Steven J. Searle, originally written 1999, last updated 2004
  26. ^ Apple にまつわる歴史 … Apple 標準システム外字 - ミケネコ研究所 / 文字コードの部屋 / 機種依存文字の歴史
  27. ^ 斎藤由多加 『マッキントッシュ誕生の真実』毎日コミュニケーションズ、2003年。ISBN 4-8399-0975-X 

関連項目編集

参考文献編集

  • 中原晃司、梶浦正規 『マッキントッシュ礼賛』株式会社カットシステム、1997年6月1日。ISBN 4-906391-45-1 
  • 「SuperASCII 1991年4月号」第2巻第4号、株式会社アスキー出版、1991年4月1日。

外部リンク編集