漢魏叢書』(かんぎそうしょ)は、中国代に編纂された漢籍叢書である。前漢後漢代および魏晋南北朝時代の著作を収める。

概要編集

明の嘉靖中(1522年 - 1566年)に、何鏜が収集して四部分類した、漢より六朝におよぶ著作類百種をもとに、1592年万暦20年)に、程栄がその中の38種を選んで『漢魏叢書』と名付けて出版した。

一方、屠隆が60巻本とした刊本も存し、そちらが『明史』「芸文志」に収められている。但し、四部分類はなされず、「典雅」「奇古」「閎肆」「藻艶」の4類に分類されている。

その後、何允中が程栄の刊本を増広して76種とし、『広漢魏叢書』(こうかんぎそうしょ)と名付けた。

更に、代になって、1791年乾隆56年)に、王謨がまた増補して86種、その後94種とし、『増訂漢魏叢書』(ぞうていかんぎそうしょ)と名付けた。

『漢魏叢書』には、諸種の刊本が存在し、96種本も通行してはいるが、程栄が編纂した38種本が、最もよく通行している。

38種本編集

  1. 京氏易伝
  2. 周易略例
  3. 古三墳
  4. 詩説
  5. 韓詩外伝
  6. 大戴礼記
  7. 春秋繁露
  8. 白虎通徳論
  9. 独断
  10. 忠経
  11. 輶軒使者絶代語釈別国方言
  12. 元経薛氏伝
  13. 逸周書
  14. 穆天子伝
  15. 西京雑記
  16. 素書
  17. 新語
  18. 孔叢子
  19. 新序
  20. 説苑
  21. 新書
  22. 法言
  23. 潜夫論
  24. 申鑑
  25. 中論
  26. 顔氏家訓
  27. 人物志
  28. 商子
  29. 風俗通義
  30. 劉子新論
  31. 神異経
  32. 別国洞冥記
  33. 述異記
  34. 拾遺記
  35. 通占大象暦星経
  36. 古今刀剣録
  37. 論衡
  38. 趙飛燕外伝