メインメニューを開く
瀬古保次

瀬古 保次(せこ やすつぐ、1887年明治20年)8月3日[1] - 1964年昭和39年)6月9日[2])は、貴族院書記官長賞勲局総裁、貴族院勅選議員。

経歴編集

神奈川県三浦郡逗子町(現在の逗子市)出身[1]1915年大正4年)に東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格した[1]東京府属、同豊多摩郡長を経て、貴族院書記官となり、内務参事官、同事務官行政裁判所評定官を兼ねた[1][2]。貴族院事務局議事課長を経て、貴族院書記官長に就任した[3]

1940年(昭和15年)からは賞勲局総裁に転じた[4][5]

1946年(昭和21年)には貴族院議員に勅選された[6]

脚注編集

参考文献編集

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(上)』人事興信所、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。