豊多摩郡

日本の東京府にあった郡
日本 > 関東地方 > 東京府 > 豊多摩郡

豊多摩郡(とよたまぐん)は、東京府にあったである。杉並区にある東京都立豊多摩高等学校などにその名をとどめる。

東京府豊多摩郡の範囲

郡域編集

現在の東京都渋谷区中野区杉並区および新宿区の一部(戸塚町西早稲田戸山大久保歌舞伎町西新宿以西および新宿の一部)にあたる。

歴史編集

 
1.内藤新宿町 2.千駄ヶ谷村 3.渋谷村 4.代々幡村 5.淀橋町 6.大久保村 7.戸塚村 8.落合村 11.中野村 12.野方村 13.和田堀内村 14.杉並村 15.井荻村 16.高井戸村(青:新宿区 紫:渋谷区 赤:中野区 橙:杉並区)

変遷表編集

自治体の変遷
明治22年以前 旧郡 明治29年4月1日 明治29年 - 明治45年 大正1年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和39年 昭和40年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
南豊島郡 内藤新宿町 内藤新宿町 大正9年4月1日
東京市四谷区に編入
昭和18年7月1日
東京都四谷区
昭和22年3月15日
東京都新宿区
昭和22年5月3日
特別区制
新宿区 新宿区 新宿区
淀橋町 淀橋町 淀橋町 昭和7年10月1日
東京市に編入
淀橋区
昭和18年7月1日
東京都淀橋区
大久保村 大久保村 大正1年12月1日
町制
戸塚村 戸塚村 大正3年1月1日
町制
落合村 落合村 大正13年2月1日
町制
渋谷村 明治42年1月1日
町制
渋谷町 昭和7年10月1日
東京市に編入
渋谷区
昭和18年7月1日
東京都渋谷区
昭和22年5月3日
特別区制
渋谷区 渋谷区 渋谷区
千駄ヶ谷村 明治40年4月1日
町制
千駄ヶ谷町
代々幡村 代々幡村 大正4年11月10日
町制
東多摩郡 中野村 明治30年2月1日
町制
中野町 昭和7年10月1日
東京市に編入
中野区
昭和18年7月1日
東京都中野区
昭和22年5月3日
特別区制
中野区 中野区 中野区
野方村 野方村 大正13年4月1日
町制
杉並村 杉並村 大正13年6月1日
町制
昭和7年10月1日
東京市に編入
杉並区
昭和18年7月1日
東京都杉並区
昭和22年5月3日
特別区制
杉並区 杉並区 杉並区
和田堀内村 和田堀内村 大正15年7月1日
町制改称
和田堀町
井荻村 井荻村 大正15年7月1日
町制
高井戸村 高井戸村 大正15年7月1日
町制

行政編集

歴代郡長

特記なき場合『東京府豊多摩郡誌』による[1]

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 藤井一虎 明治29年(1896年)4月1日 明治30年(1897年)3月2日
2 岩田士景 明治30年(1897年)3月1日 明治33年(1900年)6月4日
3 丸山良香 明治33年(1900年)6月2日 大正元年(1912年)8月6日 在任中に死去
4 正木虎蔵 大正元年(1912年)8月15日 大正7年(1918年)1月28日[2]
5 瀬古保次 大正7年(1918年)1月28日[3] 大正9年(1920年)2月23日[3]
6 東根四郎[4][5][6] 大正9年(1920年)2月28日[7] 大正11年(1922年)4月7日[7]
7 服部良太郎[8] 大正11年(1922年)4月7日[9] 大正13年(1924年)11月13日[9][10]
8 藤江陳太郎[11][12] 大正13年(1924年)11月13日[10] 大正15年(1926年)6月30日[13] 郡役所廃止により、廃官

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

関連項目編集

先代:
南豊島郡東多摩郡
行政区の変遷
1896年 - 1932年
次代:
(消滅)