瀬尾浩司

日本の写真家

瀬尾 浩司(せお ひろし、1968年 - )は日本写真家広島県生まれ。京都精華大学デザイン科を卒業後、写真家植田正治に師事。

瀬尾 浩司
生誕1968年12月24日
日本広島県福山市
国籍日本
職業写真家
公式サイトhttp://hiroshiseo.com/

来歴編集

2000年からフリーの写真家として、音楽CDや写真集(福山雅治つるの剛士佐藤健三浦春馬AKB48EXILEなど)、ファッション(TAKEO KIKUCHIユナイテッドアローズ、BEAMSなど)、雑 誌、広告、TV、写真展などのさまざまな分野で作品を発表し続けている。

2006年から2008年、5人の写真家が福山雅治を撮影した写真展『PHOTO STAGE』を六本木森ビルアーツギャラリー、長崎県立美術館、植田正治写真美術館で開催。

2008年から2015年まで毎年、六本木 axis ギャラリーにて、次世代のために銀塩写真技術や機材、フイルム、印画紙等を守 っていく思いを繋げるプロジェクトとして、写真展『Gelatin Silver Session -Save The Film』に参加。2009年、六本木富士フイルムスクエアーで、2013年、植田正治写真美術館で亡き師匠に捧げる写真展『うえだ好き』をプロデュースし話題になった。

東京都写真美術館、植田正治写真美術館、新津美術館、高松市美術館、などでワークショップも開催。

また、「旅する写真家」としての異名を持つことで、老舗鞄メーカーからコラボバッグをプロデュースするなど活動は多岐にわたる。2017年様々なジャンルの「家元」をとらえたプロジェクト『OIEMOTO』を始動。2019年3月より同シリーズがロンドン・オランダ・アメリカ・カナダ・東京を巡回。2021年にはコロナ禍で制作した『BEYOND』を発表し東京・表参道で個展を開催した。

主な写真展編集

脚注編集

[脚注の使い方]

http://www.pasha.style/article/1546【PASHA STYLE-瀬尾浩司さんへ直撃インタビュー新作『BEYOND』に込めた熱い想い】

https://blazevy.com/art/20210415-3061/【blazvy-変わらざるを得ない今を超えて 写真家瀬尾浩司の新たな挑戦】

https://www.fashionsnap.com/article/2021-04-12/hiroshi-seo/【fashionsnap】

https://share-photography.com/hiroshi-seo/ カメラバッグプロデュース【FUJITAKA meets HIROSHI SEO「旅するシリーズ」 】[1]

Hiroshi Seo is a Japanse photographer based in Tokyo. After He studied under SHOJI UEDA, he started making images as freelance photographer in 2000. He is active in various fields like fashion, commercial, magazine, photo exhibition, corporate branding. And he join in the project called “Gelatin Silver Session -Save The Film”, aim at save photographic film from 2008 to 2015. In 2017, he started his private project called “OIEMOTO” which is a photo project for various families iemoto.

"「写真すること」――写真家 瀬尾浩司と女優 今宿麻美の場合 (1/2)". |series=は必須です。 (説明) "INTERVIEW|写真家・瀬尾浩司が語るストーリーを宿すクルマとカメラの魅力". |series=は必須です。 (説明) "Fm yokohama ラジオ出演「山﨑晴太郎の文化百貨店」". |series=は必須です。 (説明) 出典:HIROSHI SEO 公式サイト

外部リンク編集