下関市火の山ロープウェイ

火の山ロープウェイから転送)
火の山駅に登る2号「かんじゅ」

下関市火の山ロープウェイ(しものせきしひのやまロープウェイ)は、山口県下関市が運営する、索道路線である。

目次

概要編集

 
火の山駅の屋上より望む関門海峡関門橋方面」

下関市東部にある火の山の2合目の壇ノ浦駅から9合目の火の山駅を結んでいる。最盛期の昭和30年代は年間約50万人が利用したが、下関市火の山パークウェイの開通や観光客の減少で利用客が減少。2003年3月31日限りで休止となった。

その後、運行期間や運行時間帯など運行計画を見直し、2005年10月1日に運行実証実験という位置づけで国庫補助金であるまちづくり交付金を交付され、季節運行で運行を再開した。2005年秋季・2006年春季・同夏季に運行し、2007年からは季節運行での通常営業を再開し、2009年からは3月中旬から11月下旬までの間、火・水曜日を除き(ただし祝日は運行)毎日運行している。

路線データ編集

  • 全長:438.96m
  • 走行方式:3線交走式
  • 運転時分:4分
  • 駅数:2駅(起終点駅を含む)
  • 運転速度:秒速3.0m
  • 高低差:165m
  • 最急勾配:29°05″
  • 支柱基数:なし

駅一覧編集

搬器編集

現在使用している搬器は1978年に大阪車輌工業で製造されたもので、塗装はオレンジ色。1・2の2台があり、「満珠島・干珠島」にちなんで1に「まんじゅ」、2に「かんじゅ」の愛称が付けられている。定員31名。

運行形態編集

3月中旬から11月下旬までの間、火・水曜日を除き、10時から17時まで20分間隔(毎時00, 20, 40分発)で運行される。日によっては21時まで運行される。

接続路線編集

歴史編集

関連項目編集

外部リンク編集