2027年(2027 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年。この項目では、国際的な視点に基づいた2027年について記載する。

千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 2000年代 2010年代 2020年代 2030年代 2040年代
: 2024年 2025年 2026年 2027年 2028年 2029年 2030年

目次

他の紀年法編集

カレンダー編集

予定編集

1月編集

2月編集

3月編集

  • ITER(国際熱核融合実験炉)が重水素-トリチウム運転開始予定。

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

日付が未定なもの編集

周年編集

イベント編集

誕生編集

没年編集

ノーベル賞編集

フィクションのできごと編集

  • 8月 - 国連宇宙軍(UNSA)の調査隊によって月面コペルニクス・クレーター付近で発見された洞窟から、5万年以上前に死亡した宇宙飛行士の死体「チャーリー」が発掘される。(小説『星を継ぐもの』)[4]
  • サイボーグの出現により人類消滅。(映画『ネメシス』)
  • 書籍『2027 ボヤボヤしてたら、すぐやってくる。2027年のお話。』[5]の舞台となった年。

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ “町田・相模原両市長、小田急多摩線延伸で覚書締結”. レスポンス. (2014年5月27日). http://response.jp/article/2014/05/27/224080.html 2016年3月1日閲覧。 
  2. ^ "Approved! Council gives project green light to proceed". ITER & Beyond. 2016年10月15日閲覧。
  3. ^ 三菱地所、「丸の内」死守 東京駅前に高さ日本一ビル発表”. 日本経済新聞 (2015年8月31日). 2017年4月3日閲覧。
  4. ^ ジェイムズ・P・ホーガン 『星を継ぐもの』 東京創元社1980年、41 - 48・144頁。ISBN 978-4-488-66301-8
  5. ^ 古屋蔵人、小田島等、黒川知希共著、2007年、ブルースインターアクションズ刊。

関連項目編集