メインメニューを開く

2027年(2027 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年。この項目では、国際的な視点に基づいた2027年について記載する。

千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 2000年代 2010年代 2020年代 2030年代 2040年代
: 2024年 2025年 2026年 2027年 2028年 2029年 2030年

目次

他の紀年法編集

カレンダー編集

予定編集

1月編集

2月編集

3月編集

  • ITER(国際熱核融合実験炉)が重水素-トリチウム運転開始予定。

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

日付が未定なもの編集

周年編集

イベント編集

誕生編集

没年編集

ノーベル賞編集

フィクションのできごと編集

  • 8月 - 国連宇宙軍(UNSA)の調査隊によって月面コペルニクス・クレーター付近で発見された洞窟から、5万年以上前に死亡した宇宙飛行士の死体「チャーリー」が発掘される。(小説『星を継ぐもの』)[6]
  • サイボーグの出現により人類消滅。(映画『ネメシス』)
  • イギリスの歴史学者・天文学者ウィルバー・D・クレイトンが、惑星トアコルでトアコル人とコンタクトした第一次調査隊の報告や他の恒星系で発見された文明遺跡の調査結果を元に、地球やこれらは銀河系の中心からオリオン腕方面へ延びる一つの文明の流れに属するとする「星間文明伝播説」を発表する。(小説『不在の惑星』)[7]
  • 書籍『2027 ボヤボヤしてたら、すぐやってくる。2027年のお話。』[8]の舞台となった年。

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 変動10年(第89回)の発行条件(財務省)
  2. ^ 「退位19年4月30日」決定 新元号、来年公表(毎日新聞 2017年12月8日)
  3. ^ “町田・相模原両市長、小田急多摩線延伸で覚書締結”. レスポンス. (2014年5月27日). http://response.jp/article/2014/05/27/224080.html 2016年3月1日閲覧。 
  4. ^ "Approved! Council gives project green light to proceed". ITER & Beyond. 2016年10月15日閲覧。
  5. ^ 三菱地所、「丸の内」死守 東京駅前に高さ日本一ビル発表”. 日本経済新聞 (2015年8月31日). 2017年4月3日閲覧。
  6. ^ ジェイムズ・P・ホーガン 『星を継ぐもの』 東京創元社1980年、41 - 48・144頁。ISBN 978-4-488-66301-8
  7. ^ 水見稜 『不在の惑星』 新潮社1985年、26 - 29・77 - 80頁。ISBN 978-4-10-142301-2
  8. ^ 古屋蔵人、小田島等、黒川知希共著、2007年、ブルースインターアクションズ刊。

関連項目編集