無文銀銭(むもんぎんせん)は、近江朝時代(667年-672年)に発行され、日本最古の貨幣といわれている私鋳銀貨[1]。戦前は「わが国で最初に造られた貨幣」と言われていたが、昭和47年の文献は「これを貨幣として認めるには無理」としている[2]。現在では、一応通貨としての価値を認められていたと推定されている[1]

7世紀当時に発見されていた銀山は、対馬銀(『日本書紀』)であり、戦国期以降に流通した石見銀ではない(対馬銀山の項目も参照)。

直径約3センチメートル、厚さ約2ミリメートル、重さ約8-10グラム[3][4]。今までに大和で7遺跡、近江で6遺跡、摂津・河内・山城・伊勢の地域で1遺跡ずつの合計17遺跡から約120枚出土している。

銀の延べ板を裁断加工して作られ、古銭の特徴である四角い孔がみられず、小さな丸い孔があるだけである[3]。一般に「和同開珎」のような銭文はないが、「高志」「大」「伴」「○」「×」「田」「T(丁)」などの文字や図形が刻まれたものも出土している。表面に銀片を貼り付けてあるものが多く、重さを揃えるためだったとされる[3]

日本書紀天武天皇12年(683年)の記事に「今より以後、必ず銅銭を用いよ。銀銭を用いることなかれ」とあり、富本銭以前に流通していた銀銭ではないかと考える説もある。また、和同開珎が銀銭を先に発行していることと、無文銀銭との関係を指摘する説もある。他にも九州王朝発行説などがある[5]

無文銀銭が用いられていた当時、朝鮮半島では銀銭は使用されておらず[6]、中国でも銅銭が主流であったが、その理由について、田中史生は『越境の古代史』において、次のような旨で解釈している。新羅・百済・高句麗では、金銀の使用は王権の規制が働き、王権の身分秩序の表象としての機能を備えていたことは、文献・考古学的にも証明されている。それに対し、7世紀以前の日本では、金銀を国際社会からの供給に頼っていたため、各豪族(首長)が入手し、王権の規制を受けず、多元的に流通する下地があった。さらに当時、銀銭を使用していた国は、東南アジアと中央アジアの国であったことから、これらの国からの渡来人の影響が考えられ、『紀』白雉5年(654年)のトカラ国人が漂着した記事に目を付け、こうした漂着渡来人と関連したものではないかと考察する[6]

『日本書紀』顕宗天皇2年10月6日486年11月17日)条に「稲斛銀銭一文」とあり、この時代の銀銭の使用を示すものであるとする見解もある。7世紀以前については、『魏志』東夷伝・弁辰の条に、「韓・濊(わい)・倭、皆従ってこれ(鉄)を取る。諸市(物品を)買うに皆鉄を用い、中国の銭を用いるが如し」と記述され、鉄が銭貨の代わりとして流通していた記述があり、考古学的にも古墳時代からは鉄鋌(てつてい、鉄板)が1147枚出土しており、その中でも1057枚が畿内に集中しており[7]、これらの記述と出土遺物から、『紀』の5世紀末の記事にみられる銀銭とは鉄鋌のことであると考古学者の白石太一郎は主張している。熊谷公男も、鉄鋌には、重さに一定の規格が認められ、貨幣に代わる機能を果たしていた可能性があるとしている[8]

出典編集

  1. ^ a b 「貨幣ガイド 奈良」『日本の貨幣コレクション』アシェット・コレクションズ・ジャパン、2019年、8頁。
  2. ^ 『貨幣手帳 1973年版』青山礼志、頌文社、1972年9月1日、6頁。
  3. ^ a b c 「貨幣の歴史ミュージアム 飛鳥以前」『日本の貨幣コレクション』アシェット・コレクションズ・ジャパン、2019年、3頁。
  4. ^ 当時の度量衡で6銖に相当(1両=24銖)
  5. ^ 古田武彦. “浅見光彦氏への“レター””. furutasigaku.jp. 2020年8月10日閲覧。
  6. ^ a b 田中史生『越境の古代史』KADOKAWA〈角川ソフィア文庫〉、2017年5月25日、139-142頁。ISBN 978-4-04-400262-6
  7. ^ 『倭国と東アジア』鈴木靖民、吉川弘文館〈日本の時代史2〉、2002年7月1日、113頁。ISBN 9784642008020
  8. ^ 熊谷公男『大王から天皇へ』講談社〈日本の歴史03〉、2008年12月10日、29-30頁。ISBN 978-4-06-291903-6

関連項目編集

外部リンク編集