照洋丸(しょうようまる)は水産庁が管理する漁業取締船。現役(1998年就航)の3代目は、就航当初は漁業調査船であったが、2014年に漁業取締船に転用された[1]

照洋丸 (3代)
Fisheries Inspection Vessel SHOYOMARU.jpg
漁業取締船に転用後の本船
基本情報
船種 船漁業調査船漁業取締船
船籍 日本の旗 日本
所有者 水産庁
運用者 水産庁
建造所 日本鋼管鶴見工場
航行区域 遠洋(国際航海)
船級 NK(第三種漁船)
信号符字 JLOJ
IMO番号 9149782
MMSI番号 431465000
経歴
発注 1996年1月
起工 1996年3月
進水 1997年6月
竣工 1998年5月12日
就航 1998年6月20日
現況 就航中
要目
総トン数 2,112 トン(国内)[1]
2,581 トン(国際)[1]
全長 87.60 m[1]
垂線間長 76.00 m
型幅 14.00 m[1]
型深さ 7.25 m
満載喫水 5.30 m
機関方式 ディーゼル
主機関 2基、推進電動機 1基[1]
推進器 4翼ハイスキュー可変ピッチプロペラ 1軸
出力 6,000 PS
最大速力 18.75 ノット
航海速力 16ノット
搭載人員 49名(士官・部員37名、調査員など12名)[1]
テンプレートを表示

照洋丸(初代)編集

照洋丸(初代)
基本情報
船種 漁業調査取締船
船籍   日本
所有者 水産庁
運用者 水産庁
建造所 金指造船所
経歴
竣工 1956年6月
要目
総トン数 602.95 トン
長さ 51.00 m
8.50 m
深さ 4.30 m
機関方式 ディーゼル
最大速力 13.3 ノット
航海速力 11.9 ノット
搭載人員 41(最大48)
出典[2][3]
テンプレートを表示

1956年6月竣工。総トン数602.95トン[2][3]

マグロ延縄漁業の調査取締のため建造された大型調査船で、当初は取締業務にも従事したが、その後は調査だけに使用された。抵抗の少ない船形が採用され、熱帯を含む長期航海に備えて、水産庁船舶としては初めて本格的な空調装置が整備された。やや復元性に問題があったともいわれる。例年9月頃から約半年にわたり、全世界のマグロ漁場において、延縄による漁業調査、生態環境調査、産卵稚仔魚調査、海洋観測に従事した[4]

1958年11月から翌1959年4月にかけての航海では、マグロ漁場調査に加えて西ヨーロッパおよび中近東におけるマグロを中心とした水産物の販路の調査を行うことになり、地中海北海沿岸のヨーロッパの主要各港を歴訪した。このとき船医として搭乗した作家で精神科医の北杜夫が、『どくとるマンボウ航海記』を執筆したことでも知られる[5]

照洋丸(2代)編集

照洋丸(2代)
基本情報
船種 漁業調査船
船籍   日本
所有者 水産庁
運用者 水産庁
建造所 山西造船鉄工所(推進機関のみ新潟鐵工所
経歴
起工 1971年11月19日
進水 1972年1月27日
竣工 1972年3月21日
要目
総トン数 1,377.84 トン
長さ 65.00 m
全長 72.00 m
11.00 m
深さ 5.60 m
喫水 5.00 m
機関方式 ディーゼル
最大速力 17.10 ノット
航海速力 14.0 ノット
搭載人員 36(最大49)
出典[6][3]
テンプレートを表示

1,377.84 トン[3]1972年3月21日竣工[6]。全世界のカツオ・マグロなどの浮魚類の資源調査および海洋観測を目的にして建造され、初代の倍以上の大型船となり、調査航海能力や居住環境が飛躍的に向上した。短期間だがサケマス流網漁業の取締に従事したこともある[7]。温熱帯域の水産生物資源及び海洋環境の調査・研究をした。

照洋丸(3代)編集

1998年5月12日竣工[1]

特徴編集

外洋での調査研究に耐えうる凌波性能、耐航性能、復元性能及び操縦性能を有している。通常航行時にはディーゼル推進とし、長時間の微速航行が必要な場合や、音響調査時には電気推進とすることで、水中放射雑音の低減を図っている。日本海事協会基準に準じた耐氷構造(ID級)を有する。広い船尾甲板、魚倉、マグロ延縄装置、流し網装置、他各種計測装置を有していた。東京海洋大学が使用する場合があった[8]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 水産庁/照洋丸”. 水産庁 (2011年). 2012年10月29日閲覧。
  2. ^ a b 二宮基次郎 「農林省漁業調査取締船照洋丸について」 『漁船機関』 32巻361号 漁船機関誌協会、18頁、1956年12月。 
  3. ^ a b c d 水産研究一世紀事業記念出版編集委員会 2000, p. 288.
  4. ^ 水産研究一世紀事業記念出版編集委員会 2000, p. 283.
  5. ^ 水産研究一世紀事業記念出版編集委員会 2000, pp. 283-284.
  6. ^ a b 芝田照夫 「漁業調査船“照洋丸”」 『船舶』 45巻8号 天然社、53-54頁、1972年8月。 
  7. ^ 水産研究一世紀事業記念出版編集委員会 2000, p. 284.
  8. ^ 気候変動の世紀における体系的海洋学教育プログラム”. 東京海洋大学 (2011年5月24日). 2012年1月24日閲覧。

参考文献編集

  • 水産研究一世紀事業記念出版編集委員会編 『水産庁研究所水産試験研究一世紀のあゆみ』 中央水産研究所、2000年4月1日。 

関連項目編集

外部リンク編集