メインメニューを開く
熊本高等工業学校
(熊本高工)
創立 1906年
所在地 熊本市
初代校長 中原淳蔵
廃止 1951年
後身校 熊本大学
同窓会 熊本大学工業会
熊本大学事務局本館(旧・熊本高等工業学校本館)

熊本高等工業学校 (くまもとこうとうこうぎょうがっこう) は、旧制第五高等学校工学部を前身として、1906年明治39年) に設立された旧制専門学校 (実業専門学校)。略称は 「熊本高工」。

本項は、前身の旧制第五高等学校工学部を含めて記述する。

目次

概要編集

  • 旧制第五高等学校 (五高) の工学部 (1897年(明治30年)設置) を分離独立して第5の官立高等工業学校として設立された。
  • 創立時は本科 (修業年限3年) に土木工学科・機械工学科・採鉱冶金学科の 3科を設置した。
  • 第二次世界大戦中に熊本工業専門学校 (略称:熊本工専) と改称された。
  • 学制改革で新制熊本大学工学部の母体となった。
  • 同窓会は 「熊本大学工業会」 と称し、旧制・新制 (工学部) 合同の会となっている。

沿革編集

第五高等学校工学部時代編集

  • 1897年(明治30年)
    • 4月17日 - 文部省令第3号により、第五高等学校に工学部(土木工学科・機械工学科の2学科)が設置。修業年限を4年、入学資格を中学校(旧制)卒業程度とする。
    • 9月13日 - 工学部第1回入学式を挙行。入学生 57名。
    • 10月10日 - 第五高等学校第7回開校記念式で夏目金之助、教員総代として祝辞[1]
  • 1901年(明治34年)7月 - 工学部第1回卒業式を挙行。(土木工学科5名、機械工学科4名)。研究科を設置。

熊本高等工業学校時代編集

  • 1906年(明治39年)
    • 3月31日 - 文部省令第2号により、第五高等学校工学部を熊本高等工業学校と改称。第五高等学校は3年制の大学予科のみとなる。
    • 6月2日 - 熊本高等工業学校規則を制定。本科を修業年限3年に変更し、土木工学科・機械工学科・採鉱冶金学科の3学科を設置。
  • 1907年(明治40年)5月 - 熊本県、高工用地として飽託郡黒髪村の土地約2万を国に寄附。
  • 1909年(明治42年)
    • 4月 - 校舎新築落成記念式を挙行。校歌「あふげばたかし」(池邊義象 作詞、南能衛 作曲)が制定。
    • 7月1日 - 事務所を新校舎に移転。
    • 7月3日 - 4年制課程最後・3年制課程最初の卒業式を挙行。
    • 7月29日 - 2年制の選科を設置し、9月入学とする。
  • 1911年(明治44年)6月 - 2年制の附属工業夜学校[2]を設置。入学資格を中学校4年修了程度とする。
  • 1916年大正5年)2月 - 学年始期を4月に変更。
  • 1917年(大正6年)12月 - 文部省令第14号により、本科に電気工学科を増設し、第1部(電気化学)・第2部(電気機械) に分ける。
  • 1922年(大正11年)10月 - 木造本館[3]が焼失。
  • 1925年(大正14年)3月 - 新本館 (現・熊本大学事務局本館)が完成。
  • 1931年昭和6年)1月 - 附属工業夜学校を附属工学校と改称。
  • 1937年(昭和12年)9月 - 臨時工業技術員養成科 (電気科) を設置し、修業年限を6ヶ月とする。
  • 1939年(昭和14年)
    • 3月 - 本科に工業化学科を増設。
    • 4月 - 機械技術員養成科を設置し、修業年限を2年とする。
    • 5月 - 臨時工業教員養成所 (採鉱冶金科・電気工学科の2学科)を設置し、修業年限を3年とする。
  • 1940年(昭和15年)4月 - 本科 採鉱冶金学科を採鉱学科・冶金学科に分離。また電気工学科の第1部・第2部の区別を廃止。
  • 1941年(昭和16年)3月 - 満州国交通部土木技術員養成所(通称: 満州土木)を設置。生徒は満州国職員として扱われ、給与が支払われた。
  • 1942年(昭和17年)3月 - 本科に建築工学科を増設。

熊本工業専門学校時代編集

  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 熊本工業専門学校と改称。
    • 本科学科を改称し、7学科(土木科・機械科・採鉱科・冶金科・電気科・化学工業科・建築科)を設置。
    • 本科に電気通信科・第二部機械科 (夜間課程) を増設。
  • 1945年(昭和20年)
    • 4月 - 本科第二部に冶金科を増設。
    • 5月 - 電気計測技術員養成所を設置し、修業年限を6ヶ月とする。
  • 1946年(昭和21年)
    • 1月 - 専修科 (土木科・建築科) を設置。
    • 3月 - 機械技術員養成科・満州土木・電気計測技術員養成所・本科第二部機械科・同 冶金科を廃止。
    • 12月 - 専修科が1期限りで廃止。
  • 1947年(昭和22年)7月 - 熊本総合大学設置期成会が結成。
  • 1948年(昭和23年)2月 - 医大・五高・工専・薬専校長ら、新制総合大学案を討議。
  • 1949年(昭和24年)5月31日 - 新制熊本大学の発足により包括され、熊本大学熊本工業専門学校となる。
    • 在学生は卒業するまで工業専門学校は存続。新入生は工学部生となる。
    • 工業教員養成所は継承されず、代替として九州工業大学に工業教員養成課程を設置。
  • 1951年(昭和26年)3月31日 - 最後の卒業生を送り出し、旧制熊本工業専門学校が廃止。伝統は熊本大学工学部に継承される。

歴代校長編集

第五高等学校工学部

第五高等学校校長は第五高等学校 (旧制)#歴代校長を参照。

  • 工学部主事: 桜井房記 (1897年7月 - 1900年3月)
  • 工学部主事: 神谷豊太郎 (1901年3月 - 1903年9月)
熊本高等工業学校・熊本工業専門学校
  • 初代: 中原淳蔵 (1906年4月 - 1911年4月1日)
  • 第2代: 川口虎雄 (1911年4月1日 - 1920年1月)
  • 第3代: 三浦鍋太郎 (1920年1月 - 1932年3月)
  • 第4代: 遠藤金市 (1932年3月 - 1938年3月)
  • 第5代: 大森偉一郎 (1938年3月 - 1945年11月)
  • 第6代: 松本唯一 (1945年11月24日[4] - 1951年3月)

校地の変遷と継承編集

熊本高等工業学校は、母体となった第五高等学校の校内で発足した。1907年、豊後街道を挟んで南隣の土地 (飽託郡黒髪村大字宇留毛字八反、現・熊本市中央区黒髪2丁目) が熊本県から寄附され、熊本高工の校地となった。同校地は後身の新制熊本大学工学部に引き継がれ、現在に至っている。

1925年竣工の高工本館は、現在は熊本大学事務局本館として使用されている。工学部構内には、煉瓦造の旧高工機械実験工場 (1908年竣工) が工学部研究資料館として残り、1994年、国の重要文化財に指定された。

著名な出身者編集

脚注編集

  1. ^ 「夫レ教育ハ建国ノ基礎ニシテ」 の一節で知られる祝辞であった。参照: 熊本大学五高記念館 - 著名教授陣の紹介
  2. ^ 私立熊本工学校 (1908年(明治41年)5月創立) が前身。
  3. ^ 1908年(明治41年)9月に完成した木造校舎
  4. ^ 『官報』第5664号、昭和20年11月28日。

関連書籍編集

  • 熊本大学工学部創立百周年記念事業実行委員会・記念誌部会(編) 『熊本大学工学部百年史』 熊本大学工学部創立百周年記念事業後援会、2000年8月。

関連項目編集

外部リンク編集