メインメニューを開く
池袋線と中央環状線との分岐付近

熊野町ジャンクション(くまのちょうジャンクション)は、東京都板橋区及び豊島区にある首都高速道路5号池袋線中央環状線を結ぶジャンクションである。

周辺の地名は、板橋区熊野町中丸町、豊島区池袋本町池袋である。高架下は山手通りが地下、国道254号川越街道)が地上を通る立体交差となっている。

連絡している路線編集

構造編集

中央環状新宿線開通以前は5号池袋線の高松出入口(ICNo.510)の一部として利用されていたランプウェイが、中央環状新宿線が開通した際にそのままジャンクションとなった。そのため、中央環状線西新宿JCT方面と5号池袋線竹橋JCT方面は相互に連絡できない。

首都高速道路中央環状新宿線方面と中央環状王子線方面を行き来する際は熊野町JCT - 板橋JCT間で5号池袋線の本線を平面交差する必要がある。逆もまた同様で、5号池袋線の池袋・竹橋方面と高島平・戸田方面を行き来する際は同JCT間で中央環状線の本線を平面交差する必要がある。2018年(平成30年)3月18日に熊野町JCT - 板橋JCT間が4車線化された。しかしこの4車線化によって、この区間を経由して5号線⇔5号線、または中央環状線⇔中央環状線を走行する場合、この区間内で最低でも1回は車線変更する必要が生じている。

歴史編集

注意点編集

中央環状線は当ジャンクションから大井JCTまで山手トンネルが存在するため、本ジャンクションから先は危険物搭載車両の通行が禁止、もしくは制限されている。王子方面から来た当該車両は、当ジャンクションから5号池袋線に入ることになる。

編集

関連項目編集

外部リンク編集